ジャコ・パストリアスの歌モノといえばジョニ・ミッチェルなわけですが

こんにちは、BeatMaster作者の安田です。

さて、ジャコ・パストリアスの歌モノといえばジョニ・ミッチェルなわけですが、個人的に一番好きな音源はコレ、1979年にカリフォルニアで行われた例のライブの一曲目「In France They Kiss On Main Street」です。このグルーヴ、サイコ〜♪ まぁこのライブのメンバーは当時の世界最強なコンテンポラリー系ジャズミュージシャンを集めた感じになっていますが(キーボードはライル・メイズ、サックスはマイケル・ブレッカー)、ポイントはドン・アライアスのドラムですかね? 私がドン・アライアス氏のドラムを聴いたのは先にも後にもこの音源だけなんですが、このシンプルなドラミングとその上に乗っかる最強メンバーたちが織りなすグルーヴがかなり独特で好きです。やっぱりアメリカのミュージシャンはひとりひとり個性があっていいな。。

しかしジャコ・パストリアスかっこよすぎです。あと、中盤のパット・メセニーのソロも大好き。1979年のカリフォルニアも自分の目で見てみたかったな。。

リズム感トレーニング専用iPhoneアプリ「BeatMaster」詳細はこちら