心の師匠シリーズ Vol.1:武部聡志さん(作曲家、編曲家、プロデューサー)

こんにちは、BeatMaster作者の安田@シリコンバレーです。

さて、今日から新しいシリーズを立ち上げます。その名も「心の師匠シリーズ」。私がこれまで楽器プレイヤーとして音楽と付き合う中、レコードやCDを通して知り、密かにリスペクトしてきた「心の師匠」をご紹介していきたいと思っています。

さて、今回Vol.1としてご案内するのは、作曲家、編曲家でありプロデューサーでもある武部聡志(たけべさとし)さん。武部さんのことを知ったのは、大学時代のバンド仲間であるS藤に斉藤由貴さんのアルバムを紹介してもらったのがキッカケです。S藤は当時かなりオタクなギタリストだったのですが、一方でアイドル系もめちゃくちゃ好きなヤツでして、その当時〜はっきりいいますと20年前〜アイドルとして最高の人気を誇っていた斉藤由貴さんや菊池桃子さんの大ファンということで、フュージョン一辺倒だった私にアイドルのアルバムをいろいろと貸してくれたのであります。

でもってS藤から借りた斉藤由貴さんのアルバムを聴いてみたところ、「ん?けっこうイイジャン!」となり、いつもの癖でプレイヤーやアレンジャーの名前をチェックしていて、初めて「武部聡志」という方を知った次第です。

そんなある日、私は朝8時から日本武道館のチケット売り場に並び松任谷由実さんの「YUMING VISUALIVE DA・DI・DA」のコンサートチケット(当日券)をゲット。初めて松任谷さんのライブを観たのですが、メンバー紹介で「キーボード、武部聡志!」。あれ?どこかで聞いた名前だな。。武部さんはその頃から今までずっと松任谷由実さんのライブの音楽監督とキーボーディストとしても活躍されています。

私が武部さんのアレンジが好きな理由は、そのアーティスト、そして楽曲の良さを最大化するアレンジだからですかね。斉藤由貴さんのアルバムのアレンジとか、ホント好きですね。今もCD持ってますよ。「風夢」とか。。

ということで、武部聡志さんアレンジの代表曲のひとつ、斉藤由貴さんの「卒業」です。



リズム感トレーニング専用iPhoneアプリ「BeatMaster」詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする