2011年05月一覧

NHKさすが。。筒美京平さんと細野晴臣さんの特集番組

こんばんは。夏に向けてなんだかんだとライブ予定が詰まってきたBeatMaster Professional Edition作者です。

さて、昨日5月29日(日)にNHKで良質の音楽番組が2つ放送されておりました。まずひとつめは「希代のヒットメーカー 作曲家 筒美京平」。私はこの番組で初めてリアル筒美京平さんを拝見したのですが、筒美さんってもともとは、そして今でも、ジャズプレイヤーだったんですね。あと、ヒット曲を出すことへのこだわりが想像以上でした。まさにプロの鏡。要求された仕事、しかも音楽という「水もの」に対して、それぞれにオリジナリティがあるものをスピーディーにこなし、あそこまでキッチリと結果を出せるというのは本当に本当にすごいことだと思いました。

そしてもうひとつの「細野晴臣 音楽の軌跡 ~ミュージシャンが向き合った「3.11」~」もヨカッタですね。内容的には過去から現在までの細野さんを一気に紹介する感じの番組で特に目新しさがあったわけではありませんが、ご本人のインタビューがたくさんあって面白かったです。また、わたし個人的には細野さんの声のキーが自分の声のキーとぴったりで、「自分も歌とかうたってみようかな」と思えたり。やっぱりミュージシャンとして最終的には自分で作った曲を自分で歌ってみたい、という願望をずっと引きずっているので、そこのところで光が見えた気がしました。

上記2番組、どちらもとても質の高い番組でしたので、見逃した方は、再放送されるようでしたらぜひご覧になってみて下さい。


NHK「SONGS」でTOTOが特集されてましたね。。

こんばんは、BeatMaster Professional Edition作者です。

さて、先日のNHK「SONG」にTOTOが特集されておりましたですね。それも昔のTOTO。。なぜSONGでTOTOなのかよく分かりませんでしたが、いちファンとしては非常に嬉しい企画でありました。来日時の貴重なライブ映像もあったりしてかなりビックリ。。

個人的にはTOTOの曲で思い出深いのは「99(ナインティーナイン)」であります。ナゼカと申しますと、学生の頃、私がドラム担当でTOTOのコピーバンドをやろうというムチャクチャな企画がありまして、そこで「99」を練習していたところ、サークルのドラマーの先輩に「おまえがTOTOのドラム?100年早いんだよ」とケチョンケチョンに言われましてですね。。まぁ、その後も懲りずにドラムの練習は続けていたわけですが。。

そのようなわけで、泣く子も黙るジェフ・ポーカロのグルーヴが心地良い「99」をご紹介します。


ペインティングアーティスト・神田さおりさんとジョイントライヴを行います@アートスペース+カフェ「COTONOHA」

こんにちは、iPhoneアプリ「BeatMaster Professional Edition」作者です。

さて、来たる6月12日(土)に沖縄市宜野湾にありますお洒落なアートスペース+カフェ「COTONOHA(コトノハ)」でのライヴが決まりました。私事で恐縮ですが、こちらでもご案内させて頂きたいと思います。

今回は私がリーダーをやっているジャズ・フュージョンバンド「Trinity(トリニティ)」と、ペインティングアーティスト・神田さおりさんとのコラボレーション、という形になります。

神田さおりさんはこれまでさまざまなジャンルのアーティストとのセッションを多数行っていて、ビビアンタム、アルファロメオ、エドウィン、パナソニック、エプソンなど大手ブランドのビジュアルワークや衣装制作・ボディーペイント等も手掛けているそうです。もちろん事前の打ち合わせは一切なしの即興パフォーマンスになりマス。

ということで、詳細は以下のページをご覧下さい。

2011年6月12日(日曜日)Painted Melodies vol.2 神田さおり+Trinity


神田さおりさん


Trinity(トリニティ)


神保彰氏、NHK BSプレミアム「アインシュタインの眼」に出演予定

おはようございます、BeatMaster Professional Edition作者です。

さて、日本を代表するドラマー神保彰氏のtweetによりますと、6月11日のNHK BSプレミアム「アインシュタインの眼」に神保氏が登場し、ドラミングを科学の視点から分析解明するとのこと。こりゃすごいですね。といいますか、時代も変わりましたですね〜。。かつては神保さんの映像を見ることさえ非常に難しかったのに、このような番組で神保さんのドラミングを分析するようになるとは。。