2014年03月一覧

リズム感をスパルタトレーニングする BeatMaster Professional Edition / Free Editionが大バージョンアップ

こんにちは、BeatMasterシリーズ作者の安田です。

さてさて、3月22日(土)にリズム感をスパルタトレーニングするiOSアプリ「BeatMaster Professional Edition」、および無料版の「BeatMaster Free Edition」が同時にバージョンアップし、App Storeに公開されました。

今回のバージョンアップではいくつかの大きな機能追加+改良箇所があります。

BeatMaster Professional Edition

【改良点その1:新たに5つのビートパターンを追加】

Professional Editionでは、これまでの

・8分音符 x 1パターン
・16分音符 x 2パターン
・3連符 x 2パターン
・6連符 x 2パターン

に加え、新たに

・5連符 x 2パターン
・6連符 x 3パターン

が追加されました。

New Patterns

まず大きなトピックとしまして、ついに5連符(!)が登場しました。これまで奇数連符としては3連符のみが提供されていましたが、3連符はまぁ当たり前と言えば当たり前〜ですよね? スパルタリズム感トレーニングアプリとしてはやはり奇数連符にもっと突っ込まねば、と今回5連符が実現しました。

それも、「ただ1拍を5つに分けて、そのうちのどこか1カ所でメトロノームを鳴らしても5連符の感覚は得にくいはず」ということで、今回初お目見えの機能として、1拍の中で2回メトロノームの音が鳴るようになっています。これにより格段に「5つの音符」を頭の中で意識しやすくなったと思います。この5連符はカナリおもしろいので、ぜひお試し頂きたいと思っています。

また、6連符の新パターン3つについても、1拍の中でメトロノームの音が2回鳴るようにしていますので、より「6つの音符」を頭の中で意識しやすくなりました。

【改良点その2:iOS7のフラットデザインに対応】

アプリアイコンや以下の画面キャプチャをご覧いただければおわかりいただけると思うのですが、全体的にiOS7のフラットデザインに合わせる形でUIを変更しています。リリースから5年、ずっと同じ古風な(笑)ユーザーインターフェイスでしたが、今回のバージョンアップでやっとイマ風になりました。

IMG_1268 IMG_1269

IMG_1270 IMG_1273

【改良点その3:内部的に細かな修正をしています】

これは見た目ではないのですが、実は内部のプログラム処理を細かく見直していまして、結果、動作の安定度向上にも貢献しています。

ということで、自立したリズム感を自分の中に構築するための最短距離アプリ「BeatMaster Professional Edition」と、無料版の「BeatMaster Free Edition」、以下のリンクからぜひダウンロードしてお楽しみ下さい。

BeatMaster Professional Edition

BeatMaster Free Edition


日本人も黒人のリズム感を体得すべし…?

こんにちは、BeatMaster Professional/Free Edition作者の安田です。

ときどき音楽系書籍出版各社のホームページを覗くのですが、至れり尽くせり、最近は本当にいろんな音楽本が出てますねと感心することしきり。。リズム感に関する本も少なからず出ており、中にはBeatMasterのコンセプトをそのままパクッたような教則本もあるようです。で、そういった各種教則本の一冊に「これを読めば日本人でも黒人のリズム感を体得できる」みたいなキャッチコピーの本を見つけました。うーん、なるほど。

ただこれ、もちろん分からないではないのですが、どこかでモヤモヤしたものも感じます。。

確かに、あんなふうに音を発することができたら最高だなぁと思いはしますが、でも、別にそこまで無理しなくても、、日本人は日本人なんだし、、という感情を持つのも事実。

・黒人のグルーヴのマネがうまい日本人を喜ぶ人って、はたしてどこにどれだけいるのか?(黒人のグルーヴが必要なら黒人のミュージシャンを探すはず。。)
・音楽が面白いのはプレイヤーの個性がぶつかり合うから。だったら無理して黒人のマネをがんばるよりも、日本人は日本人のグルーヴを出せばそれでいいんじゃないのか?

などと思ったりも。

とあるミュージシャンの方の話なんですが、いわゆる「黒人のグルーヴ」へのこだわりが非常に強く、練習スタジオに入ってもまずはバンドメンバーでグルーヴの練習から入るそうです。しかし、そのミュージシャン氏がひょんなことから急遽、他のヴォーカリストのバックをやることになったそうなのですが(リズム的には、ごくフツーの8ビートストローク)、まったくうまく弾けなかったそうです。それを見たメンバーは「人間やっぱり得手不得手があるんだなぁ。。」としみじみ思ったとか。

話がちょっと飛びましたが、リズム感というかグルーヴって結局、その人がどういう文化背景の場所で、また、どんな気候の場所で育ち、どんなものを食べ、どんな音楽を聴いて、どんな仲間と日々過ごしてきたか、といった要素や、その人のパーソナリティもとても強く作用していると思います。そう考えると、生まれてずっと日本で育ち、いまも日本で過ごしている私のようなミュージシャンが、教則本を読んで、また、CDを聴くだけで黒人のグルーヴを体得できるかというと、そりゃ無理な注文かなと。ちょっと残念でもありますが。

それよりも、リズムが絶対揺るがないとか、ジャストでちゃんと音を出せる、といった最低限のルールは守りつつ、日本人ならではのグルーヴ(というものがおそらくあるはず)を極めた方がいいのでは? そしてそれを武器に世界のミュージシャンとコラボしてみるほうが楽しいのでは?という気がしてやまない今日この頃です。


沖縄イベント情報アプリ「ぴらつかこよみ」、バージョンアップで大変身

こんにちは、BeatMaster Professional Edition作者の安田です。

さて、先日ご紹介させて頂きました沖縄イベント情報アプリ「ぴらつかこよみ」のiOS版がバージョンアップし大変身しましたのでご案内したいと思います。

「ぴらつかこよみ」は、毎月1500件〜2000件ものライブや公演、映画など沖縄のイベント情報をまとめて発信している唯一無二のiOS/Androidアプリなのですが、これだけの情報量にも関わらず無料でダウンロードして頂くことができます。

で、今回のバージョンアップでは、これまでのリスト形式でのイベント一覧に加え、それら各々のイベント情報を地図でも見せてくれるようになりました。

さっそく画面を見てみますと、

IMG_1147

↑↑↑イベントのリスト表示モード。画像付きなのでひと目で内容がイメージできます。

IMG_1148

↑↑↑イベントのマップ表示モード。沖縄県内外の沖縄関連イベントが地図上で一目瞭然。マーカーをタップするとその場所で行われるイベントの情報がテキストで表示されます。さらに、自分の近くでやっているイベントもすぐに見つけられます。

IMG_1146

↑↑↑カテゴリーで情報を絞る場合はこちらでカテゴリーを指定します。

IMG_1149

↑↑↑自分のお気に入りアーティストやお気に入りイベント会場(ライブハウスや映画館など)を登録しておけば、それらの情報にわずか2ステップでアクセスすることができます。

IMG_1151

↑↑↑左上の赤いハートマークがお気に入りアーティスト情報の証です。

IMG_1153

↑↑↑ちなみに私のお気に入りイベント会場は、浦添にある「groove(ぐるーぶ)」です。毎月インプロのライブをやらせてもらっています。

———————————————

また、今回のバージョンアップで特筆すべき点がもうひとつ。それは動作スピードがか・な・り・速くなったことです。プログラム自体をゼロから作り直しているとのことで、これまでのバージョンに比べてサクサク感が雲泥の差です。
(なお、Android版は追ってバージョンアップの予定です)

というわけで、音楽をはじめ沖縄で行われるイベントに興味をお持ちのみなさま、ぜひ「ぴらつかこよみ」をダウンロードしてみてください。ゼッタイに便利です。ダウンロードは以下からどうぞ〜。

AppStoreへのリンクはこちら。
Google Playへのリンクはこちら。