セッションベースプレイヤー、キャロル・ケイ(Carol Kaye)さんについて

メリークリスマス! BeatMaster作者の安田陽です。

さて、さっそく本題ですが、キャロル・ケイさんというベースプレイヤーをご存じでしょうか。私はかれこれン十年ベースを弾いていながら、実はついこないだの土曜日にたまたまラジオで曲がかかっていて知ったのですが(恥ずかしすぎる汗)、キャロルさん、めちゃくちゃカッコイイ!!


若かりし頃のキャロル・ケイさん。ご本人のWebサイトより。


こちらは1974年の写真とのことです。こちらもご本人のWebサイトより。かっこいいわ〜。。

ということで、ご本人のWebサイトWikipediaによると、55年のキャリアにおいて1万を超えるレコーディングセッションをこなしてきたとのこと。誰のどんな曲で演奏してきたか、、以下Wikipedeaから引用しますが、クインシー・ジョーンズさんからも絶大な信頼を得ていたらしいです。また、モータウンでの仕事も多かったらしいですね。

Credits for recorded singles on bass
“Soul Reggae” (Charles Kynard)
“Andmoreagain” (Love)
“Homeward Bound” (Simon and Garfunkel)
“California Girls”, “Sloop John B”, “Help Me, Rhonda”, “Heroes and Villains” (The Beach Boys)
“Natural Man” (Lou Rawls)
“Come Together” (Count Basie)
“Feelin’ Alright” (Joe Cocker)
“I Think He’s Hiding” (Randy Newman)
“Games People Play” (Mel Tormé)
“Cantaro” (Gene Ammons)
“Wait ‘Til My Bobby Gets Home” (Darlene Love)
“Goin’ Out Of My Head/Can’t Take My Eyes Off You” (The Lettermen)
“Go Little Honda” (The Hondels)
“Hikky Burr” (Quincy Jones & Bill Cosby & TV theme)
“I’m a Believer” (The Monkees)
“Indian Reservation” (Paul Revere & the Raiders)
“In the Heat of the Night”, “I Don’t Need No Doctor”, “America The Beautiful”, “Understanding” (Ray Charles)
“It Must Be Him” (Vikki Carr)
“Little Green Apples” (O.C. Smith)
“Midnight Confessions” (The Grass Roots)
“Mission: Impossible Theme” (Lalo Schifrin)
“Mannix Theme” (Lalo Schifrin)
“Out of This World” (Nancy Wilson)
“Wichita Lineman” “Galveston” “Rhinestone Cowboy” (Glen Campbell)
“River Deep – Mountain High” (Ike & Tina Turner)
“Scarborough Fair/Canticle” (Simon and Garfunkel)
“Sixteen Tons” (Tennessee Ernie Ford)
“Somethin’ Stupid” (Frank and Nancy Sinatra)
“These Boots Are Made for Walkin'” (Nancy Sinatra)
“This Diamond Ring” (Gary Lewis & the Playboys)
“The Twelfth of Never” (Johnny Mathis)
“The Way We Were” (Barbra Streisand)
“Soul & Inspiration” bass, “You’ve Lost That Lovin’ Feelin'” guitar (The Righteous Brothers)
“Carry On” (JJ Cale) – JJ Cale Styles Book

そしてキャロルさんの演奏ですが、フロントよりのポジションでピック弾き、というスタイルです。

そして現在のキャロル・ケイさんのインタビュー(楽器を弾きながら)はこちらにたっぷりあります。英語ですが、音を聴いていればなんとなく分かる感じかなと思います。

ピック弾きというとなんとなくブリッジ寄りで、というイメージがあったのですが、フロント側で弾くサウンドもかなり良いですね。私はまだピックでこういう感じには全然弾けないので、この年末年始にがっちり練習したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする