グルーヴ一覧

「グルーヴさせる」の意味するところって結局何?

こんにちは、BeatMaster Professional Edition作者の安田陽です。

こないだaceilux(アキラック)さんのライブサポートをやらせていただいたのですが、なんとかつてマドンナのツアーでバックコーラスを担当していたとのこと、、さらにリー・リトナーやドン・グルーシン、エイブ・ラボリエルなどのGRP系ミュージシャンたちとツアーしたこともあり、アル・ジャロウとも知り合いだそうです、、日本にこんな方がいたとは。。腰が抜けそうになりました。

さて、というわけでタイトルにありますとおりグルーヴの意味するところって結局何?の話にいきたいと思います。グルーヴの意味なんて、、考えれば考えるほど、悩めば悩むほどわからなくなりますよね(他人事ではありません)。。

以前トモ藤田さんの「生きたグルーヴでギターが弾ける本」をご紹介したときにも書きましたが、グルーヴという言葉、どうも日本人には苦手感があるように思います。トモ藤田さんによると「教会に通う黒人はグルーヴィな音楽を聴く機会が多いので、グルーヴを表現するのに長けている人が多いというだけ」「グルーヴがうまく出せないという悩みは、突き詰めれば聴き足りないということが原因」とのことなのですが、では実際にグルーヴの表現、つまり楽器を通して音楽をグルーヴさせるには具体的にどうすればいいのでしょうか。。

これは私個人の考え方なのですが、「グルーヴさせる=ドライヴさせる」というふうに捉えるとかなり気がラクになるのではないかと思っています。自分が演奏している楽器を通してその曲をドライヴさせる。例えば自分の担当楽器がベースだとすると、音の長さや強弱、また細かなテクニックでいうとグリッサンドやハマリング、ビブラートなどを使うことでかなり「ドライブ感」を増すことができますし、あとは楽曲にもよりますが、一番大切かつ汎用的な技術としてはゴーストノートでしょうか。このあたりをうまく組み合わせることで楽曲をよりドライブさせることができると思います。

まぁあまり細かなテクニックの話をしてもアレですが、グルーヴの意味についてはとにかく「グルーヴさせる」→「ドライブさせる」に脳内変換してみると気持ち的にかなりラクになると思いますし、自分の中で具体的なプレイのイメージもつきやすいのではと思います。いかがでしょうか?


〜 Playing with soulful groove 〜 トモ藤田さんの「生きたグルーヴでギターが弾ける本」を買いマシタ

こんにちは、BeatMaster Professional Edition作者の安田です。

さて、わたくしはベースプレイヤーなのですが、今回このような本を買いました。

ikitagroove

生きたグルーヴでギターが弾ける本」です。この本は泣く子も黙るバークリー音楽大学で現在ギターの先生をされているトモ藤田さんが著したもので、ずばりグルーヴに特化した内容となっていまして、一応はギタリスト向けを謳ってはいますが実際はベースプレイヤーもドラマーにも応用が利く良書です。

CDも付いているのですが、これもなかなかユニーク。一般的な教則本の付属CDとは異なり、実際にトモ藤田さんが喋りながらギターを弾いて教えてくれる様子をそのままデジタルレコーダーで録ったものになっているため、あたかも自分がトモ藤田さんのギターレッスンを受けているかのような感じで聴くことができます。

「グルーヴ」に関してはどうも我々日本人は苦手感が拭えないように思うのですが、その点についてトモ藤田さんはこのようにおっしゃっています。

「グルーヴがあるというのは人種や出自などの生得的な問題ではなく、文化や環境が大きく影響している」

「教会に通う黒人はグルーヴィな音楽を聴く機会が多いので、グルーヴを表現するのに長けている人が多いというだけのことです」

「グルーヴの第一条件は、まずは良いリスナーになること」

「グルーヴがうまく出せないという悩みは、突き詰めれば聴き足りないということが原因です」

つまり、グルーヴしないのは黒人に生まれなかったからではなく(笑)、グルーヴする音楽を聴き足りていない、ということが原因だったんですね。

詳しくはぜひこの本を買って読んで頂きたいのですが、お勧めの音源も紹介されています(あのダニー・ハサウェイの「ライブ」も紹介されていました)。

なお、トモ藤田さんご本人による「生きたグルーヴでギターが弾ける本」の動画もありますヨ。

トモ藤田さんの動画は他にもたくさんありますので、また追ってご案内したいと思います。(トモさんの教え子のひとりでもあるジョン・メイヤー氏とセッションしているものもあったりします。。)

というわけで、このサイトをご覧になっている皆様全員にお読みになって頂きたい本、「生きたグルーヴでギターが弾ける本」をご紹介させていただきました。ホントにお勧めですので、ぜひ書店や楽器店などで手に取ってみて下さい。


マーカス・ミラーがプレシジョンベースを演奏してるとこ

おはようございます。BeatMaster作者です。最近オリジナルプレシジョンベースが欲しくてたまりません。

ということで、今日はマーカス・ミラーがオリジナルプレシジョンベースを演奏しているちょっと珍しい映像を。

これ、カスタムショップじゃなくてフツーのスティングモデルですよね。ヘッドハンターズということでわざわざ準備したのかな? あと、ドラムのテリ・リン・キャリントンがタイトでイイですね。