YouTube一覧

冨田ラボ(冨田恵一)さんのベースプレイが神すぎる件〜

こんにちは、BeatMaster Professional Edition / Free Edition作者の安田陽です。

さてさて、、みなさまは冨田恵一さんという方をご存じでしょうか。冨田ラボという名義で数多くのアーティストのサウンドプロデュースもされているので、もしご存じなくても冨田さんの音は耳にされていると思います。たとえばこちらの曲。。

ハイ、ご存じMISIAさんの「Everything」でございますが、こちらの編曲を担当されていたのが冨田恵一さん=冨田ラボさんなのです。この美しいメロディーを支える素晴らしいアレンジ、、と一言では片付けられないのが冨田さんのサウンドプロデュース。複雑怪奇なコードとオタクミュージシャンの心をわしづかみにするリズムアレンジ。。いやー、マジで最高です。

こんなWebページを発見しました。

数々のミュージシャンを阿鼻叫喚の地獄に突き落とす、シンプルなメロディと複雑なアレンジ。

音楽家たちは言います。

決して結婚式の二次会で「Everything」をリクエストしては、ならぬと……。

決して、初見で「Everything」を弾こうとしては、ならぬと……。

第34回「Everything大問題!」 – ベロベロ音楽理論より)

(笑)このページに限らず、冨田ラボさんの作品を聴いたときの衝撃を語っている方はたくさんいらっしゃいますので是非Webで検索して頂きたいのですが、それはさておき、わたしたち楽器プレイヤーとしては、冨田ラボさんが関わった曲を聴くと、アレンジ力もさることながら、冨田ラボさんの演奏力の高さに唖然、、とするわけであります。しかも冨田ラボさん、ほぼ全てのパートをご自分で演奏されるマルチプレイヤーなのであります。

で、私はベースを弾く身なのですが、冨田ラボさんのベースプレイを聴くと、もうベース弾くのやめよっかなと、、つい思ってしまいそうなくらいの感覚を抱くわけであります。。くくくくやしいけど、マジでうまい。。なんといってもローポジションからからハイポジションまで縦横無尽なフレーズのセンスが最高です。いやホント、かつて日本のポップス史上、ここまで弾きまくりのベース&楽曲自体もヒットさせるという方が存在しましたでしょうか?

ということで、冨田ラボさんのベースラインを実際にご紹介したいのですが、その前に冨田ラボさんがどんな音楽を愛されているかをご紹介したいと思います。こちらのページをご覧下さい。

総力特集 Vol.2 冨田ラボ 必聴!ライブアルバム10選

そうです、私たちと同じ、完全にジャズフュージョンの人なのでした(笑) どうりでコードもジャズっぽいし演奏もムチャクチャにうまいわけです。。ならば我々ジャズフュージョン系ベースプレイヤーは冨田さんがポップスでどのようなアプローチをしているか、じっくり研究してみるべきでは?というのが今回のお話です。

個人的には冨田ラボさんが打ち込むドラムも死ぬほど好きなのですが、これはまた別記事で取り上げるとして、今回はベースプレイに注目してみます。以下YouTubeから拝借。。

たとえばこちら↓↓↓ ハナレグミさんの名曲。16の匂いがするミディアムテンポの中、文字どおり自由〜にプレイされています。たまに入るハイポジションフレーズが気持ちいい。。ベースはプレシジョンでしょうね。白いフェンダーカスタムショップだと思われます。

こちらも↓↓↓ 大好きなんですよこの曲。。こちらもミディアム16。曲がゆったりと流れる中、実はかなり弾きまくってます。とにかく自由奔放に動き回るフレーズが素晴らしいです。こちらも楽器はプレシジョンだと思われます。ちなみに作詞は糸井重里さん。

こちらのドアタマのフレーズもいいですね↓↓↓

こちらもカッコイイ!↓↓↓ ベース目立つ目立つ(笑)

こちら↓↓↓はシンセベースとスラップが混ざってます。楽器はジャズベースでしょうね。サビ、そしてフェードアウト前のフレーズも超かっちょいい!! アレンジ自体はパワーオブタワー、ドラムは完全にデビッドガリバルディさんなことが分かります(笑) いやー、大好きです。。!

ということで冨田ラボさんがベースを演奏されている楽曲を5曲ほどご紹介しましたが、みなさまにはぜひぜひ実際にCDをご購入頂き、研究活動に励んで頂きたいと思っております。冨田ラボさんはいままでにソロアルバムを4枚リリースされていますが、ベース研究の視点で特にお薦めなのは、ファーストアルバムの


Shipbuilding

と、セカンドアルバムの


Shiplaunching

です。これらのアルバムの中にはウェザーリポートばりのインスト曲もあり、冨田さんはフェンダーカスタムショップのジャコパスモデルを弾きまくっています。。

以上、今回は以前からご紹介したかった冨田ラボ(冨田恵一)さんのベースプレイについて書かせて頂きました。ご興味をお持ちになった皆様は、YouTubeなどではなく、ぜひともCDで、良い音で、爆音で、冨田さんのめくるめく超絶ベースプレイの世界をご堪能ください。ホントウにお薦めです。

冨田ラボ/冨田恵一さんの公式Webサイトはこちらです。


青山純さんと、山下達郎さん「JOY」、菊池桃子さん「OCEAN SIDE」「Tropic of Capricorn」「Adventure」の想い出

こんにちは、BeatMasterシリーズ作者の安田です。

昨年末、ドラマーの青山純さんがお亡くなりになりました。。。青山純さんがプレイされたアルバムの何枚かはやはり私の中でのベストコレクションにも入っておりまして、私が青山純さんの音から受けた影響は非常に大きいものがあると思います。

例えばこちら。

山下達郎さんの「JOY」であります。ハイ。泣く子も黙る「JOY」。

この名盤が出て実はもう25年ほど経つようで(わぉ)、もしかしたらご存じない方もいらっしゃるかと思い紹介させて頂いたのですが、この青山純さんのぶっとい音&おっもい16ビートに絡みつく伊藤広規さんのこれまた図太いスラップベース。このおふたりのコンビネーションが紡ぎ出す音って、ホントにワンアンドオンリーだと思います。どれだけ聴いたかわかりません。私は当時まだ学生だったのですが、毎朝毎晩、学校の行き帰りはディスクマンでずーっと果てしなくこればっかり聴いていた時期がありました。

で、この青山純さんを象徴するぶっとい音、私はソナーだからこその音なのだと思っておりました。しかしながら、、山下達郎さんがサンデー・ソングブックでお話ししていたところによりますと、山下達郎さんの「Ride On Time」「For You」までは実はパールを叩いており、達郎さんとしてはソナーよりもパールのほうが青山純さんらしい音、とのこと。そうだったんだ。。。

青山純さんといえば山下達郎さん、なわけですが、個人的には他の方のサポート=スタジオワークでの青山純さんの音も結構聴いておりました。例えば

iTunesでの試聴はこちら

この菊池桃子さんのファーストアルバム「OCEAN SIDE」も学生当時これまたカセットテープがすり切れるほど聴き込んでおりました。このアルバムにいたっては今から30年前。。今聴くとバッチリ1980年代の日本の匂いがしていますです。。そしてこのアルバム、林哲司さんが作曲・アレンジで全面参加していてクオリティは非常に高いですんよね。ドラマーは青山純さんの他に、ポンタさん、林立夫さん、宮崎まさひろさんが参加していますが、青山純さんのベードラ、スネア、タムの音は聴けば一発でわかりますね。。
(ちなみにベースは富倉安生さんと高水健司さん。この頃から流行りはじめたスペクターの音が聴けて興味深いです。弾いているのは富倉さんかなと。)

ちなみにですが、青山純さんは菊池桃子さんのセカンドアルバム「Tropic of Capricorn」(iTunesで試聴)、サードアルバム「Adventure」(iTunesで試聴)にも全面的に参加されています(ぜんぶ青山純さんがプレイしています)。そしてこの2枚も林哲司さんが全面参加されていて非常にクオリティ高いです。

以上、私的な青山さん体験を少し書かせて頂きました。青山純さんのご冥福を心よりお祈りいたします。


吉田美奈子さん「Light’n Up」のリズムセクションすごすぎます(ベース岡沢章さん/ドラム渡嘉敷祐一さん)

こんにちは、BeatMaster Professional Edition作者の安田陽です。

さてさて、こないだ久しぶりにCDを買いました。吉田美奈子さんの「Light’n Up(ライトゥン・アップ)」。お目当ては日本一のセッションベースプレイヤー(と言い切ってしまいますw)岡沢章〜おかざわあきら〜さんです。

若いベーシストの皆さんにはあまりなじみがないかもしれませんが、岡沢章さんはかつて「ザ・プレイヤーズ」などで活躍された後、スーパーヴォーカリスト吉田美奈子さんのレコーディング・ライブサポートをスタート。その他にもスタジオ・ライブで数多くのアーティストを支え続けています。山下達郎さんの若かりし頃の音が詰まったライブアルバム「It’s a poppin’ time」でも岡沢さんの演奏を聴くことができますね。最近では高中正義さんのライブサポートもされています。

さて、こちらの「Light’n Up」ですが、1曲目から岡沢章さんのフェンダー・ジャズベースが唸りまくっています。岡沢さんは最近はあまりバキバキとスラップをすることがない印象ですが、この曲ではアルダーボディ+ローズ指板のオールドジャズベースのスラップが超気持ちいいです。。マーカスミラーのようなアッシュ+メイプルのドンシャリスラップも嫌いではないですが、個人的にはアルダー+ローズならでのナチュラルに太くてあったかいスラップの音が大好きです。。

ということで、タイトル曲「Light’n Up」のライブ版がYouTubeにありましたのでご紹介しておきたいと思います。こちらはなんと、今はなき野外ライブの聖地、よみうりランド・オープンシアターEASTでの演奏。ブラスセクションも厚い。。全てがカッコ良すぎます。。

それから、私がこのLight’n Upでのドラムの渡嘉敷祐一さんの音もすごく好きです。言うまでもなく渡嘉敷さんは前述のザ・プレイヤーズや吉田美奈子さんのサポートに限らずたくさんの素晴らしい演奏を残されていますが、この、ぶっとい音+安定感+テクニックのバランスがたまりませんです。。

というわけで、最後に「ザ・プレイヤーズ」のライブ音源をご紹介したいと思います。


これぞ日本のクリエイティヴ。。ルイ・ヴィトンのアニメーション「Superflat Monogram」

こんにちは。恥ずかしながら実はワタクシ先日初めてルイ・ヴィトンのアニメーション「Superflat Monogram」を観たのですが、それはもう、ものすごいインパクトを受けまして、、これは2003年の作品ということで、何をいまさら、という感じのかたも多いと思いますが、ホントにすごかったので改めて紹介させてください。

これは村上隆さんとルイ・ヴィトンのコラボをプロモートするために作られたアニメーションだと思われますが、いやー、マジでものすごいクオリティ。。ストーリー、映像、音楽の全てが完全一体化しています。この作品をプロデュースした高城剛さんはもう私の心の師匠です。。

このアニメーションの制作陣ですが、WikipediaのSuperflat Monogramの解説にもありますが

・原案/クリエイティブディレクター/プロデューサー:村上隆
・プロデューサー:高城剛
・監督:細田守
・音楽:田中知之 (Fantastic Plastic Machine)

という、日本を代表するクリエイターのみなさんが集まっていますが、いやホント最高です。。

で、音楽がこれがまたメチャかっこいい。。個人的には最初と最後のパートの一瞬ディミニッシュが入るところがさすがとかって思いましたが、とにかくこの映像が表現しようとしている世界を音楽がものすごいレベルでサポートしています。。これぞプロの仕事ですね。

ということで「Superflat Monogram」、ぜひパソコンをステレオに繋いで爆音でご覧下さい。


「Casiopea(カシオペア)3rd」デビューライブ@東京JAZZ

リズムマニアのみなさまこんにちは。永らくご無沙汰しております、BeatMaster Professional Edition企画者の安田陽です。

さて、先日行われた東京JAZZで我らがCasiopeaの復活ライブが行われた模様ですネ。。私は沖縄在住のため、残念ながら会場に足を運ぶことはできなかったのですが、当日NHK FMで放送された演奏がWebで紹介されていました。

注目はなんと言っても新メンバーの大高清美さんですが、オルガン+シンセでガンガンに攻めの様相。また、楽曲も

1.FIGHT MAN
2.EYES OF THE MIND
3.SET SAIL
4.DOMINO LINE
5.SPACE ROAD
6.ARROW OF TIME
7.GALACTIC FUNK
8.ASAYAKE
アンコール
9.GOLDEN WAVES

という感じで新旧入り交じり(新曲もあり)、ファンには満足のいく内容だったと思います。個人的にはやはり2をはじめ4,5曲目あたりがど真ん中です。。

なお、NHK BSプレミアムでは、東京JAZZの模様を伝える番組の第3回目を10月30日(火) 午後11:45~午前1:15に放送するそうです。そこではカシオペア3rdも「FIGHTMAN」と「GALACTIC FUNK」の2曲が紹介されるそうなので期待。番組紹介ホームページはこちらからご覧下さい。


名器なベースを聴き比べ:ヤマハBB2000 vs ヤマハBB Limited 編

こんにちは、BeatMaster Professional Edition作者の安田陽です。

さて、今日はゴールデンウィーク前半最終日ということで、自宅にあるベースを弾き比べてみました。

今回録音したのは日本が誇る楽器メーカー「ヤマハ」が誇る名器といわれているベース2本です。

え〜、自分のベースを名器などと言うなという感じですが、その2本とは、1980年代のフュージョンブーム(あ、ビリーシーンやマイケルアンソニーもBB使ってましたっけ。。)を支えた「YAMAHA BB2000」、そして、フェンダージャズベースの鳴りを徹底的に分析し、国内の名だたるプロベーシストから助言を受けて開発されたという「YAMAHA BB Limited」です。なのでいちおう名器といって差し支えないですよネ?

bb2000
YAMAHA BB2000

bblimited
YAMAHA BB Limited

ということで、さっそく聴き比べてみましょう。

Yamaha BB2000 Slap Bass Demo

Yamaha BB Limited Slap Bass Demo

どうでしょう。音のキャラクターがまったく違いますね。。

ちなみにそれぞれの木の材質ですが、

  • ヤマハBB2000:アルダー+マホガニー+メイプルのスルーネックにエボニー指板
  • ヤマハBB Limited:アッシュ+エボニー指板(特注品のため。市販品はアルダー+ローズ指板)

となっています。

まぁ、BB Limitedはすっごく輪郭もはっきりしていますが、ちょ〜っとカタ過ぎ、という感じでしょうか。そこまでパッキンパッキンじゃなくても、、と思いますよね。。まぁアッシュ+エボニー指板の特注品なのでこういう音なわけですが。。市販品のアルダー+ローズ指板の音色はもっとぜんぜん柔らかいはずです。

一方のBB2000は、これまた独特の音がしています。「アルダー+マホガニー+メイプルのスルーネック」というのが効いているんでしょうね。あと、ピックアップも普通のPJではなく、Pがリバースしています。また、リアのJも通常のボールピースではなくバータイプになっていて、単体でもすっごくネチッコイ音がします。

aroawqccmaa1mqq

ということで、いかがでしたでしょうか。個人的にはやっぱりBB2000かなぁという感じです。

ちなみに櫻井哲夫さんのBB2000の音はこんな感じです。さらにネチッコイ音がしています。いいな〜。

(これって「ミントジャムス」に入ってるドミノラインですよね。。。映像、あったんだ。。)

ということで、これからもBB2000は私のメインベースです。


〜 Playing with soulful groove 〜 トモ藤田さんの「生きたグルーヴでギターが弾ける本」を買いマシタ

こんにちは、BeatMaster Professional Edition作者の安田です。

さて、わたくしはベースプレイヤーなのですが、今回このような本を買いました。

ikitagroove

生きたグルーヴでギターが弾ける本」です。この本は泣く子も黙るバークリー音楽大学で現在ギターの先生をされているトモ藤田さんが著したもので、ずばりグルーヴに特化した内容となっていまして、一応はギタリスト向けを謳ってはいますが実際はベースプレイヤーもドラマーにも応用が利く良書です。

CDも付いているのですが、これもなかなかユニーク。一般的な教則本の付属CDとは異なり、実際にトモ藤田さんが喋りながらギターを弾いて教えてくれる様子をそのままデジタルレコーダーで録ったものになっているため、あたかも自分がトモ藤田さんのギターレッスンを受けているかのような感じで聴くことができます。

「グルーヴ」に関してはどうも我々日本人は苦手感が拭えないように思うのですが、その点についてトモ藤田さんはこのようにおっしゃっています。

「グルーヴがあるというのは人種や出自などの生得的な問題ではなく、文化や環境が大きく影響している」

「教会に通う黒人はグルーヴィな音楽を聴く機会が多いので、グルーヴを表現するのに長けている人が多いというだけのことです」

「グルーヴの第一条件は、まずは良いリスナーになること」

「グルーヴがうまく出せないという悩みは、突き詰めれば聴き足りないということが原因です」

つまり、グルーヴしないのは黒人に生まれなかったからではなく(笑)、グルーヴする音楽を聴き足りていない、ということが原因だったんですね。

詳しくはぜひこの本を買って読んで頂きたいのですが、お勧めの音源も紹介されています(あのダニー・ハサウェイの「ライブ」も紹介されていました)。

なお、トモ藤田さんご本人による「生きたグルーヴでギターが弾ける本」の動画もありますヨ。

トモ藤田さんの動画は他にもたくさんありますので、また追ってご案内したいと思います。(トモさんの教え子のひとりでもあるジョン・メイヤー氏とセッションしているものもあったりします。。)

というわけで、このサイトをご覧になっている皆様全員にお読みになって頂きたい本、「生きたグルーヴでギターが弾ける本」をご紹介させていただきました。ホントにお勧めですので、ぜひ書店や楽器店などで手に取ってみて下さい。


NHK「SONGS」でTOTOが特集されてましたね。。

こんばんは、BeatMaster Professional Edition作者です。

さて、先日のNHK「SONG」にTOTOが特集されておりましたですね。それも昔のTOTO。。なぜSONGでTOTOなのかよく分かりませんでしたが、いちファンとしては非常に嬉しい企画でありました。来日時の貴重なライブ映像もあったりしてかなりビックリ。。

個人的にはTOTOの曲で思い出深いのは「99(ナインティーナイン)」であります。ナゼカと申しますと、学生の頃、私がドラム担当でTOTOのコピーバンドをやろうというムチャクチャな企画がありまして、そこで「99」を練習していたところ、サークルのドラマーの先輩に「おまえがTOTOのドラム?100年早いんだよ」とケチョンケチョンに言われましてですね。。まぁ、その後も懲りずにドラムの練習は続けていたわけですが。。

そのようなわけで、泣く子も黙るジェフ・ポーカロのグルーヴが心地良い「99」をご紹介します。


PomplamooseのJack Conte氏がいつの間にやらニューアルバム発表

こんにちは、BeatMaster Professional Edition作者です。

えーと、私の大大大好きな音楽ユニット「Pomplamoose」のメンバーでもありますJack Conte氏がいつのまにかニューアルバムを発表していたようで、それに併せて新しい映像もYouTubeに上がっておりましたのでご紹介します。

パフォーマンススタイルはPomplamooseと同じく、すべてのパートを全部自分で演奏&その様子をビデオ撮影して編集、という形です。この曲も新曲のようですが、サビがちょっとキャッチーでCMとかに使われても違和感ないイメージ。あと、ドラムをプレイしているのを見ると、左手でハイハットを叩いています。これってJack Conte氏が左利きなのか、もしくは左手でハイハットをプレイしても違和感ないくらいドラムがうまいのか、のどっちかでしょうか。でもギターやベースは右利き用を弾いてますしね。ドラム、相当うまいのかもしれません。

それはさておきニューアルバムですが、今回は

・MP3
・WAV
・FLAC
の各形式がそれぞれ10ドル、また、物理的なCDが15ドル、特製ブックが$20ドルとなっています。気になるのは最後のブックですが、オーケストラスコアや歌詞、写真などが詰まっているようです。もちろんiTunes Storeからも楽曲購入可能。詳細はこちらのサイトをご覧下さい。

あと、どの動画を見ても思いますが、Jack Conte氏って演奏中の表情が最高なんですよね。Jack Conteさんの動画はこちらにもたくさんありますので、そのあたりにも注目しつつぜひご覧下さい。


桑名晴子さんのステージでご一緒させて頂きました

こんにちは、BeatMaster Professional Edition作者です。

さて、先日、桑名晴子さんとステージでご一緒させて頂きましたので、その時のお話を。

4月4日(月)午後5時頃、キーボーディストの友人から私の携帯に電話が入り、

「いま何してる?」

「いや、何してるって仕事してますケド。。」

「ヒマ?」

「いや、ですから仕事中で。。」

「きょう桑名晴子さんのライブがあるんだけどベース弾かない?」

「え、桑名晴子さんですか!?
(うーん、今日中の仕事ケッコウたまってるんだけど。。)
ぜひぜひお願いします!! でも8時頃になると思うので
リハはできませんけど。。」

「譜面あれば何とかなるでしょ? じゃ、あとで」
(ガチャ)

という感じで連絡があり、
急ぎ仕事を終えてなんとか8時に会場入りすると、
電話をくれたキーボーディストの友人と共に見知らぬ方が楽屋に。

「はじめまして、加山雄三さんのライブでドラム叩いてます、○○と申します。
加山さんのツアーで沖縄に来てまして。。たまたま今日、このライブハウスに
遊びに来たら、演奏に誘われてですねハハハ。。」

ということで、結局10曲くらいフルバンドで演奏させて
いただきました。まったくのリハなしでしたが、そこは皆さんプロ、
初見にも関わらずぜんぜんバッチリでした。さすがですね〜。

で、肝心の桑名晴子さんですが、
実は私は桑名さんのパフォーマンスを拝見するのは
今回が初めてだったのですが、ものすごいエネルギー、プラス
ホンモノのプロミュージシャンならではの
圧倒的な歌唱力と存在感が非常〜に印象的でした。
やっぱり一流の方はオーラが違います。。

というわけで、桑名晴子さんの音源をご紹介したいと思います。
(ご本人のコメントも付いていますのでご紹介しても大丈夫だと思います)