ライブ情報

安田陽が出演するライブの情報はこちらのページにまとめております。

ベース個人レッスン

出張個人レッスンをやっています。詳しいことはこちらのページでご確認ください。

投稿日カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

自己紹介

安田 陽(やすだ よう)と申します。ベースを弾いております。

■プロフィール

8歳の時、親が持っていたレコードに刺激されトランペットを始める。以後、13歳よりギター、16歳でベースを始める。中学時代は周りに楽器をやっている 友人が皆無だったのでバンド活動はできず、ただひたすら自宅で個人練習の日々を過ごす。高中正義の大ファンだった。高校時代も引き続きジャズ・フュージョ ンを好んで聴いていたが、学校では友人に誘われヘヴィメタルを演奏。また、平行して社会人バンドでフュージョンや女性ヴォーカルのポップスなどをプレイ。

入学した獨協大学の音楽サークル「DIG」では一度に7つのバンドをかけ持ちするなど、かなりムチャなペースで活動。就職したアカイ(赤井電機)でも音楽サークルに加入し、企業対抗バンドコンテストに毎年参加していた。

その後1994年にヴォーカリスト凡子とキーボーディスと川満悟によるユニット「アクロッシング」に加わった後、元アイランドのメンバーと共に「パーフェクトワールド」を結成。以後、同バンドでピースフル・ラブ・ロック・ フェスティバル出演、CD発売、数々のイベント参加等、かなり大々的に活動を行う。NHK-BS「アジアライブ」の沖縄収録時には、南こうせつ、日野照 正、KIX-S、さらにマレーシアや台湾からのミュージシャンのバックを務めた。また、パーフェクトワールドの活動と平行して、ザ・リッツ、西泊茂昌等の ライブサポートやニーニーズ、フェーシ等のレコーディングでもプレイ。沖縄出身のヴォーカリストSinon(シノン)やセッションギタリスト是方博邦の来 沖時にもバックを務めた。

パーフェクトワールド活動休止後は県内ミュージシャンのライブ・レコーディングサポートや、米軍基地内にてアメリカ人ジャズ・フュージョンバンド「アドリ ブ」のメンバーとしてマリア・ハウエルと活動を共にする。また同じくアメリカ人バンドの「ファストフォワード」や、デビッド・ラルストン・バンドのメン バーとしても各地でプレイ。浦添音楽祭本選にも過去3回出場した(「パーフェクトワールド」「ファストフォワード」等)。

その後2001年に田中美雪(Key)、マイク・ロブレス(Dr)と共にジャズ・フュージョンバンド「トリニティ」を結成し、沖縄県内の米軍基地を中心に 活動を開始。また、B-Trippersのレコーディングおよびライブメンバーとしても活動。しゃかりの結成10周年コンサートでは角松敏生氏とも競演。 未唯Mie(ピンクレディー)の沖縄スペシャルライブにも参加。その他、ベーシストGachapinとのエレクトロニック・アートパフォーマンスユニット 「Escape From Dimension」でのパフォーマンスや、凡子、武藤有砂、Shiori、国吉亮、米嵩麻美、Cojaco、しゃかり、グリンピース、ウエサトモトシ、 Carlos Saldana、デヴィッド・ラルストン・バンド、サザンバンド沖縄、あらかきたかし、宮城智子、Kluso、aceilux(アキラック)、(仮)なかのまちヤカラーズなど、沖縄県内外アーティストのステージやレコーディングをお手伝い。2013年には16年ぶりにパーフェクトワールドでの活動を再開。琉球歴史エンターテイメント「綾庭の宴」のメンバーとしても活動中。2015年より石原守次郎(ギター)、泉川寛人(ドラム)とジャズファンクトリオ「山田鳥夫(やまだとりお)」を結成し、毎月ライブハウスGrooveで活動中。2016年4月からは、こどもと一緒に参加できるジャズライブ「親子ジャズ」をスタート。