出演情報

安田陽の出演情報はこちらのページにまとめております。

自民党

なにかひとつ夢が叶うとしたら、

自民党が本心ではこの国をどうしようとしているのか、知りたい。

彼らを見てると、

日本をぶっこわす、

そのことしか考えてないように思える。

まぁ自分なんかは長くてもあと20年くらいで

この世からおさらばなのでまだいい。

だけど、いまのこどもたちはあと50年以上、

この国をベースにして生きないといけないわけで。

50年後の日本、自民党はどんな国にしたいと思ってるんだろうか。

コンセプトもビジョンもまったく伝わってこない。

ていうか実はそんなことみじんも考えてなかったりして。

これから大人になるいまのこどもたちは

これからの日本でどうサバイバルするか、

いまから真剣に考えたほうがいい。

もちろん日本にいなくてもいい。

いないほうがいいかもしれない。

日本じゃなくても生きていけるくらいの突出した特技と、

精神的な強さ、しぶとさ、したたかさ、

ほかの人とは違う視点、知識。

そういうものを身に付けられるよう

ふだんから意識しておくといいと思う。

小浜島、竹富島への旅

小浜島。2回目だけど、集落まで行ったのは初めて。

学校のグラウンド。海の向こうに石垣島が見える。白いヤギが暇そうにしていた。

 

 

船で竹富島に移動。本当は直接石垣島に戻るつもりだったのだが、たまたま竹富島に途中帰港する船だったため、なんとなく降りてみた。初めての竹富島。

こちらの小中学校もすばらしい。

新築中。言うまでもなく瓦家。

 

この日2回目の虹。竹富港にて。

マイノリティーリポート

こないだたまたま夜中にテレビを付けたら「マイノリティーリポート」っていう映画をやっていた。

要は近未来の監視社会における犯罪予防システムの話なんだけど、

このくらいの監視はいまでもすでにされてるなぁと感じた。

監視カメラはいまや町中のあちこちにあるし、

自分の行動履歴や趣味嗜好のほとんどは

AppleやGoogle、Facebookっていう会社にごっそり取られてる。

スティーブジョブズはやっかいなものを作ってくれたよなぁまったく・・・

スマートフォンを捨て、Facebookから脱会すればだいぶ改善されはすると思うけど、

もはや99%不可能。

大阪万博

万博ってなんのためにやるんだっけ?

経済効果以外の意味ってないわけ。。?

昭和の亡霊を追い続けることで延命してる日本、

このぶんじゃ次は沖縄国際海洋博覧会 Vol.2ですかね?

新しいベースを買った

通販でベースは買わないと決めていたのだが、、、

北海道の楽器店が某40年前の国産ベースを売りに出していて、写真で見る限りはハードウェアがピカピカ、ケースも専用ハードケース付き、値段も納得度が高かったので、お店に電話してネックの状態とか沖縄までの送料とか聞いた上で速攻で購入した。

送料安かったからたぶん船便だろうな、、北海道から沖縄、、いつ着くんだろう。

2018年11月17日(土) 安慶名愛(あげなまな)デビューCD発売記念ライブ実施報告

新人アーティスト、安慶名愛(あげなまな)のデビューCD発売記念ライブが11月17日(土)、沖縄県・北谷のライブハウスモッズで行われた。

当日のバンドメンバーは以下のとおり。

ヴォーカル/ギター:安慶名愛
ギター:望月誉
パーカッション:玉城チコ
コーラス:前田秀幸/Reika
ベース:安田陽

彼女とはデビューCDでのレコーディング(楽曲「Destiny」)からのお付き合いとなる。新人アーティストのデビューの現場を間近で見させてもらい、勉強になることが大変多かった。また、私自身の要改善点、反省点も少なくなく、そういう意味でも学ぶことがとても多いプロジェクトとなっている。

ぜひ安慶名愛の今後の活躍を見守って頂きたい。

安慶名愛(あげなまな) Facebookページ

2018年11月の出演予定

11月15日(木)
「月刊インプロ」@ライブハウスGroove(沖縄県浦添市)
演奏楽器はまだ決めていませんが、ベースは弾かないかもしれません。

「月刊インプロvol.63」
そんちょう[trumpet]
安田陽[bass]
坂元健吾(高円寺百景)[bass]
野村健太[トロンバマリーナ]
JOU[fretless-guitar]
佐久本丈一[guitar]

※前売り予約はこちらまで groove@cosmos.ne.jp
オープン20:00
スタート21:00
ミュージックチャージ1,000円+ドリンクオーダー

11月16日(金)
「コザまちなか演奏会」@ミュージックタウン(沖縄県沖縄市)
SHOTA BANDで出ます。ブルースやります。18時頃〜

11月17日(土)
「安慶名愛(あげなまな) CD発売記念ライブ」@ライブハウスモッズ(沖縄県北谷町)
安慶名愛、自身初となるFirst mini Album「Mana」2018.11.7 release決定!

安慶名愛CD発売記念ライブ〜Mana〜
開催日:2018.11.17(土)
場所:北谷町ライブハウスモッズ
Tel:098-936-5708
時間:18:30(開場)19:30(開演)
料金:¥2,500(前売り)¥3,000(当日)
チケットのご予約はこちらまで→ticket@3rdwave.jp

11月23日(金)
David Ralston Band
詳細未定

11月25日(日)
David Ralston Band
詳細未定

映画「ボヘミアンラプソディ」を沖縄で観るなら「凄音上映」のミハマ7プレックスに行くべし!!!

バンド「クイーン」のヴォーカリスト、フレディ・マーキュリーの伝記映画「ボヘミアンラプソディ」を沖縄で観るならミハマ7プレックスに行くしかない!!!

なぜなら、あそこにはメイヤーのスピーカーが入っているのである。

そして爆音!!!!!!!

最初はあまりの音の大きさにたじろいだが、

ラストシーンにはあの爆音が必須である。

ボヘミアンラプソディは「凄音上映」のミハマ7プレックスで観るべし!!

ライブ出演情報:安慶名愛(あげな まな)CD発売記念ライブ 11月17日(土)@沖縄・北谷モッズ

安慶名愛、自身初となる First mini Album 「Mana」、2018.11.7 release決定!

安慶名愛CD発売記念ライブ 〜Mana〜
開催日:2018.11.17(土)
場所:沖縄県北谷町 ライブハウスモッズ
Tel:098-936-5708
時間:18:30(開場)19:30(開演)
料金:¥2,500(前売り)¥3,000(当日)

チケットのご予約はこちらまで → ticket@3rdwave.jp

楽器店の不思議:試奏編

こないだ用があって東京に行った。

で、すきま時間に、自分にしては珍しく

けっこうあちこちの楽器店を巡ってきた。

ピンとくるものがあれば買ってもいいかなと思いつつ。

で、ベース専門店で2店舗くらいで試奏もした。

1本は、評判がいい1980年代のトーカイのジャズベを徹底的に

スペックアップしたモデル。16万。結構高い。

これは事前にネットで目星を付けていたもの。けっこう期待していた。

もうひとつは1990年代のUS製スペクター。25万くらい。

わりと安いほうだと思う。

だけど、どちらもぜんっぜん音が良くなくて。

え? って思うくらい、良くなかった。

こんな楽器、誰が買うの? っていうくらい。

・・・で、あとで気づいたんだけど、これ、もしかしたら

楽器が良くないんじゃなくて、アンプとの相性が悪かったんじゃないかな、と。

どちらの店も、なんか妙にハイファイなアンプだったように思う。

ベースって結局はアンプとの相性で音がまったく変わるものなのに、

試奏用のアンプが1種類だけってどうなの・・?

ゴリゴリのアンペグとかも置いとかないとダメなんじゃないの?

安い買い物じゃないんだし、店としても楽器、売りたいわけでしょ?

だったらちゃんとアンプもバリエーション揃えとかないと・・・

ぜんぜん本気で売ろうとしてる感じがしない。