Language Selector

ライブ情報

安田陽が出演するライブの情報はこちらのページにまとめております。
2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ロリポップでWordPressを使っていて画像アップロードサイズを増やしたい場合

ロリポップレンタルサーバでWordPressを動かしていて、画像サイズを増やしたい場合どうすればいいか? 20MBまでなら.htaccessなどを触る必要はない。管理画面から以下の設定をするだけで簡単に変更できる。20MB以上に増やしたい場合も以下のリンクで説明されている。

https://bibabosi-rizumu.com/lolipop-upload_max_filesize/

沖縄でのインプロの聖地、勢理客「groove(グルーヴ)」

きのうは台風がほぼ直撃コースだったが、午後から良い天気となり、無事に「月刊インプロ Vol.58」が開催された。場所は沖縄県浦添市勢理客にあるライブハウス「groove(グルーヴ)」。

自分にとっては半年ぶりの参加だったのだが、わりと納得度の高い演奏ができたと思う。自分が演奏した楽器はコルグのmonotribeとエフェクター群、あとはピアノ。

もし自分にプロパガンダ系の音楽のお仕事が来たら

ぜひとも断りたいが、そもそもこういう仕事って実際のところ断れるものなんだろうか。

プロパガンダと知りつつ心を奪われてしまった話

RADWIMPSの「HINOMARU」は2020年東京オリンピックに向けた前哨戦。

この2年間でどんなプロパガンダが展開されるのか、日本のエンタメ業界やテレビメディアに要注目。

プロパガンダと言えば、忘れられない感動体験がある。

国のプロパガンダと知りつつ、100%心の底から感銘を受けてしてしまったのである。

なにかというと、ブルーエンジェルス。

ブルーエンジェルスは、一言で表すならジェット戦闘機を使ったアメリカ海軍所属の曲芸飛行チームだ。

観たのはいまから5年ほど前。アメリカ・サンフランシスコにて。

日本にもブルーインパルスという航空自衛隊の曲芸飛行チームがあるが、ブルーインパルスは練習機を使っている。

ブルーインパルスを生で観たことがないので比較できないのだが、ブルーエンジェルスははっきり言ってカッコイイ。

ブルーエンジェルスを生で観てカッコイイと思わない人はたぶんいないんじゃないか?

とにかくあのエンジンパワーには圧倒された。

どういう意味かというと、高速で飛ぶのはあたりまえだが、逆に超低速で飛んだりもするのである。

機首を斜め45度に上げて、あのデカイ機体でノロノロノロ…と飛ぶ。

あの飛び方するためにどんだけ燃料喰ってんだろ…

そして、サンフランシスコの真っ青な空で、肉眼で見えないほどの高度まで一気に上がったかと思うと、今度は地上スレスレまで一気に降りてくる。

パワービューティ。

自分のような人間でも「ちから」というものに感動することがあるのだなと、まったく新しい発見をした。

多民族国家アメリカにおける国威発揚という意味で、ブルーエンジェルスの存在意義は小さくないと思う。

ひるがえってニッポン。

オリンピックにかこつけて今後いろんなプロパガンダがなされると思うが、日本人はただでさえまとまりやすいし、為政者からするとなんてことはないだろう。

しかしこわいのは、知らないうちに自分もプロパガンダに加担している状況が発生する可能性があるということ。大手広告代理店などは昔からガッチリと政府のプロパガンダチームとタッグを組んでいるわけだけど、オリンピックが近づくにつれ、社会の末端にいる自分たちでさえも「お仕事」を通じてそのチームの一部になり得る。

正直、「お仕事」ということで振られたらなんとなく受けてしまいそうな自分がいるのも事実。今回のRADWIMPS(もうバンド名おぼえた)の「HINOMARU」も膨大な数の関係者がいたはずだが、みんな「お仕事」ということでなんとなく受けてしまったのだろう。ギャラも良かったんだろうな。

こうしてじわじわと、そして確実に、ドツボにはまっていく。

RADWIMPS「HINOMARU」、東京オリンピック、憲法改正

自分は日本の最近のバンド事情を全く知らないのだが、RADWIMPSというバンドについては少しだけ知っていた。なぜかというと、わざわざ映画館まで観に行った「君の名は。」という映画の音楽を担当していたこと(音楽は全く良いと思わなかったが、まぁ業界内のいろんな絡みがあるんだろうと解釈)と、あとはこのバンドのベースの人がヤマハのベース(BBの5弦。フロントピックアップがリバースになっていることから特注と思われる)を使っていたからだ。いずれにせよ、いまかなり売れているらしい。

が、このバンド、先般「HINOMARU」という非常に不可解な曲を発表した。ふつうの歴史教育受けてたらこんな歌つくってうたわんだろ。愛国心? 受けた教育のレベルが低すぎたのか、全然本を読まない人なのか、完全に頭がトチ狂っているのか、いずれにせよこんなバンドはさっさと消滅してほしい。

…と個人的には強く思うのだが、実は少し前からメジャーなミュージシャンがこういう軍歌ポップスを歌い始めている。たとえば「ゆず」という人たちの「ガイコクジンノトモダチ」という曲。これもまた非常に奇妙な歌詞だ。

100歩譲って、仮にミュージシャンが何を表現しようが勝手だとしても、いくらなんでもこの「HINOMARU」のようなあからさまな表現をするかね? しかも彼らはそのへんのアマチュアバンドなんかじゃない。まさにいま売れまくっているバンドだし、彼らを取り巻く関係者も、音楽業界関係者や大手広告代理店、サッカー業界関係者(この「HINOMARU」は某民放のワールドカップテーマソングのカップリング曲なのだ)など、膨大な数の人間が絡んでいるのは間違いなく、それら関係者のチェックをすり抜けてこの曲が世に出ることなど、どう転んでも有り得ない。

つまりそこには間違いなく、何らかの意図のもとでの合意があったはずだ。

東京オリンピック。
憲法改正。

次の軍歌ポップスは誰が出してくるのだろう。
日本の音楽シーンから目が離せなくなった。

部屋の中80年代のモノだらけ

過去を振り返って「あのときは良かった」とか「あの頃に戻りたい」とか言うのが大大大キライである。

キライであるのだが、自分の部屋は見事に1980年代のモノたちで溢れかえっている…

楽器は言うまでもなく(ヤマハのBB2000、BB1200、SB1200、SB500S、SG800、あと、同じくヤマハのPSEっていうエフェクターがいっぱい)、トラック野郎のポスター、いわゆるスーパーカーのミニカー、タイレルP34のプラモデル、当時エアチェックしたカセットテープどっさり…あ、あとは4歳からためてるレゴ…


ヤマハのパラメトリックイコライザー。めちゃくちゃ効く。ノイズのライブで大活躍中。


なんと未開封。


このトラック野郎カレンダーは去年買った。


松田聖子のカセットは確か妹のだったはず。


ヤマハSB500Sサイコー。

まぁ、80年代のモノはどれも良くできているので仕方ない…

Googleウェブサイト翻訳ツールの精度

仕事でウェブの多言語化について調べていたとき、試しにこのサイトにも入れてみた。

実際にやってみるとよく分かるが、まだまだだ…

このツールを使ってちゃんと多言語化しようとしたら、元になる言語(ここの場合、日本語)を書く時点で、Googleに翻訳してもらいやすい書き方をしないとダメなんだと思う。

でもま、そこまで気を遣って書くようなサイトじゃないので、いままでどおりだらしない言葉でダラダラと書く。

6月16日(土)は勢理客Grooveにて月刊インプロ出演

月刊インプロvol.58

野村健太[トロンバマリーナ]
安田陽[bass]
TakaneEABL[モジュラーシンセ]
そんちょう[trumpet.sax]
田原幸浩[sax]
佐久本丈一[guitar]
タクロー[drums]
マエカドコウジ[guitar]
上地gacha一也[double-bass]

※前売り予約は groove@cosmos.ne.jp
オープン20:00
スタート21:00
ミュージックチャージ1,000円+ドリンクオーダー

Amazon Prime(アマゾンプライム)しょぼ… 速攻解約しました

いまさらといえばいまさらだけど、なんとなくAmazon Prime(アマゾンプライム)の無料お試しに登録してみた。

会員特典としては以下のものがあるんだけど、、(以下、Amazonからコピー)

お急ぎ便・日時指定が無料
1800万点以上の対象商品のお急ぎ便・お届け日時指定便が無料。Prime Nowなら、無料の2時間便で深夜0時までお届け(対象エリアのみ)

プライム・ビデオ
追加料金なしで、映画もTV番組も見放題。テレビ、スマートフォン、パソコンなどで、いつでもどこでも楽しめます。

Prime Music
100万曲以上が聴き放題。お気に入りの楽曲や音楽の専門家が選曲した数百のプレイリストを追加料金なしで楽しめる

Prime Reading
対象のKindle本、マンガ、雑誌がさまざまなデバイスで読み放題。Amazonでしか読めない限定タイトルも。詳しくチェック

Twitch Prime
USのサービス、Twitchが提供するTwitch Primeと連携可能。Twitch Prime毎月無料のゲームコンテンツ、様々な特典が満載です。詳細はこちら

会員限定先行タイムセール
タイムセール特価商品を、通常の開始時間より30分早くご注文いただけます。

プライム・フォト
好きなだけ写真を保存可能

ママ・パパ向け特典
Amazonファミリーからの特典として、プライム会員ならAmazon定期おトク便でおむつとおしりふきがいつでも15%OFF。さらにお子様情報の入力で、ベビー用品ほかファミリー限定セールなど特典いっぱい。

このうち、自分に関係ありそうなのは、ビデオ、Music、Readingくらい。

お急ぎ便なんて沖縄は最初っから除外されてるし…

で、ビデオ、Music、Readingのコンテンツをチェックしたんだけど、、、すごく弱い。

ぜんぜん揃ってないジャン。

そんなわけで速攻、解約手続きしました。

※メニューのどこから解約画面に行けるのかわからなかったので、検索して以下を見つけた次第。
Amazonプライム会員登録をキャンセルする、返金を受ける
ここでも、解約しようとすると「解約する」というボタンを3回(3画面に渡って)押させられるというUXになっている。これってどうなんだか…

プロとアマチュアの違い

やーーーっぱりなんだかんだ言って、

プロとアマチュアの違いって、結局は

「意識の差」でしかないんじゃないか?

と思った。

意識があれば技術は後からついてくる。

技術があっても意識がなければ仕事は無理。