ベース個人レッスン

出張個人レッスンをやっています。詳しいことはこちらのページでご確認ください。

投稿日カレンダー

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

結局、親は自分の子どもにどんな人になってほしいのか?

いわゆるいい私立の学校とか、そういう学校に入るための塾とか、スイミング教室とか、音楽教室とか、絵画教室とか、ボーイスカウトとか、海外留学とか、最近ではプログラミング教室とか、それこそレゴスクールとか、世の中には実にさまざまな、何らかの意味で子どもの能力を伸ばすことを目的とするしくみが用意されている。

しかし結局、世の中の親たちは自分の子どもをそういうところに通わせることで、最終的にどんな人になってほしいのだろう。

どんな人になってほしいから、そういうところに通わせるのだろう。

まぁこの理由は人によりけりだとは思うけど、親の想いとして想像できるのは、子どもの可能性を広げてあげたい、ということだろうか。

わかるような気はする。

だけど、子どもの可能性を広げるだけでいいんだろうか。

結局問われるのは、その広がった可能性、能力を何に使うのか、ということ。

そういう意味では例えば、東大を出て官僚になり、徹夜して議員の国会答弁を作る、とか、ちょっと違うんじゃないかという気はする(が、恐らく本人も相当な違和感を覚えているはずなので批難はしません)。

個人的には、もし自分に子どもがいたら、世の中に求められる人、もっと言えば、規模の大小は問わず世の中の課題を解決することに関心を持ち、そのために行動する人になってほしいかな。たぶんこの世はこれからどんどん生きていくのが難しくなる。地球環境的にも、人間関係的にも。そこで生きる人々が少しでも多く幸せを感じられるような社会にするためにはどうすればいいのか? そんなことに関心を持つ人になってほしい、かな。自分にもし子どもがいれば。

となると、課題を解決する力の前に、課題を設定する力、というのが求められるはず。

ここは結構大切な気がする。

世の中の課題に気づくかどうかというのは、その子どもの育った環境に依るのかもしれないし、依らないかもしれない。

要は、一番大事なのは、その子どもにそういうアンテナが立っているかどうかなのだろう。

アンテナさえ立っていれば、課題設定はできる気がする。

あとは、その子どもがそれまでに受けた教育で養った課題解決力を発揮すればいい。

ってことかな。

これを自分に当てはめて考えてみると、課題設定アンテナはわりと立っている気がする。小学生の頃から。解決したい世の中の課題が山のように、ある。だけど実際に課題を解決する力ははっきり言って弱い。とにかく自分は地頭が悪いし、コミュニケーション力も低い。ロジカルシンキングもまるでできないので。だから課題解決に向けた実運用部分は優秀な皆さんにお願いしたい次第。役割分担ですな。。

音楽について、自分が出したい音について

最近いろいろとわからなくなってきている。

音楽ってなんだろう。。

自分が本当に出したい音ってどんな音なんだろう。。

とりあえずバンドでベースは弾いているけど、ベースの音って本当に「自分が出したい楽器の音」なんだろうか。。?

。。あんまりそんな感じはしない。。ベースの音色というより、ベースが入ることでバンド全体がサウンドするから好きなんだと思う。そんな感じなので、ベース単体の音が好きだから演奏しているわけでは、特にない。

かといって、ピアノとかサックスとかギターとかの音も、別に「自分が出したい音」というわけではない。

うーん。

打楽器は小学生の頃からやりたかったんだけど、かといってじゃあビートを出したいのかと言われると、正直よくわからない。もちろんグルーヴを創り出す行為は音楽を始めたときから興味があったことだし、実際ずっとやってきたことだけど(ベースという楽器を通して)、最近はグルーヴというか、リズムというもの自体に対して、その必然性をあんまり感じなくなってしまった。まぁもちろん、曲によってグルーヴは当然必要なのだけど、個人的には最近はグルーヴって別に必須じゃないんじゃないかと。グルーヴ、リズムというものが存在しない音楽も充分に楽しいし。。というか、むしろ最近はグルーヴがない音のほうが楽しかったりする。

話が逸れた。。自分が出したい音とは、、まだ見つかっていない。もしかしたら世の中にまだない楽器かもしれないので、それを自作するところから始める必要があるかもしれない。

無題

昔から「いつかこどもの教育に関わる仕事をしたい」と思っていた。

その背景には、自分自身のこどもの頃の悲しい経験が強い動機としてある。

だけど実際に教育に関わるポジションになると、果たして自分は本当にそれにふさわしい人格を持ち合わせているのか?というところがものすごく気になってくる。

というのも、自分はこどもの頃から、学校の教師たちが、私から見て尊敬できる人格をまったく持ち合わせていないことにすごく不満を持っていた。なので余計にそうあらねばと感じるのかもしれない。

まぁ、いまからでも遅くはないはず。一歩ずつ、少しずつ、自分を変えていきたいと思う。

ヤマハBB2025がそろそろ生産終了?

よく見ると「在庫僅少品」と書いてある。

BB2025もついに終わりか。。

パッシブの5弦買うならこれかなと思ってたんだけど、結局こんな大金貯められるわけもなく、またまた買えないまま生産終了へ。

BB-Limitedの5弦買おうと思ってたときと全く同じパターン。。

さよならBB2025。自分はこれからもBB2000とBB1200でいきます。

レゴスクールが沖縄に初上陸、4月1日(土)にイオン那覇3Fにオープン

沖縄初、レゴ社公認の「レゴ®スクール」が4月1日イオン那覇店にオープン ~3歳からのクリエイティブ人財育成環境を沖縄で提供開始~

掲載された新聞記事は以下。

レゴで学ぶ子ども教室 レキサス、那覇に4月開設(琉球新報)

子どもの創造力育てる 沖縄初のレゴ®スクール4月開校(沖縄タイムス)

レゴ®スクールで学べること

知性とは単に知識の蓄積ではありません。何かまったく新しい問題に直面したとき、何をどうすればよいかを考えることができるか?ということです。レゴ®スクールで育てる「創造的な問題解決力」とは、自ら課題そのものを設定し規定する過程を含む、問題解決の能力です。この創造的な問題解決力によって、ひとつの問題の解決が新たな課題への設定へとつながっていき、自発的で積極的な学びへと発展します。

上記には以下の学びが含まれます。

・イメージしたものを物理的に形にする力
・物理の基本原則
・機械構造原理の基礎
・科学的視点からのデザイン
・数学的視点
・ロボティクス(ロボットの設計・製作・運転に関する研究)を通した論理的思考力/創造的問題解決力
・プログラミング
・ストーリー創造力
・チームワーク
・プレゼンテーション力

とのこと。どうでしょうか。問い合わせ連絡先は以下。

E-Mail : info@edu.lexues.co.jp
電話 : 098-921-1003(10時〜18時)

不謹慎な夢

不謹慎な夢を見た。

まったく、なんでこんな夢を見るのやら。

こんなこと考えたことなんて一度もないのに。

むしろ自分のスタンス的にはこの逆なのに。。

で、いったん目が覚めてそのあとにもう一度眠ったのだが、そこでまた、その夢の続きを見てしまった。

なんでわざわざこんな夢の続きまで。。

自分が嫌になる。

なにがこわいって、ときどき正夢を見るのでそれがこわい。

現実にならなければいいが。。

昔の友達

ふと小学校1年くらいの時に仲が良かった友達の名前を思い出したので検索してみた。

まったく出てこない。

Facebookにもいない。

まぁそんなものなのかな。。

grooveのオーナー、ガチャピンさん

沖縄にgroove(グルーヴ)というライブハウスがある。毎月、県外、海外から著名なミュージシャンが演奏しに来ている、ものすごいクオリティを維持し続けているライブハウスなのだけれど、そのオーナーがガチャピンさん。

ガチャピンさんはベースプレイヤーとしても、これまた県外、海外にしょっちゅう演奏しに行っている。ガチャピンさんとは15年くらい前から一緒に演奏させてもらっているのだけど、演奏力がほんとにハンパない。

。。なのだけど、ガチャピンさんの一番すごいところは、その発想の自由さ。人間社会の既成概念からここまで自由になれている人をほかに見たことがない。どういう環境で育ったのかな?とか、いろいろ気になる。

イイ音 with YAMAHA BB2000

この時のBB2000、我ながらメチャイイ音してる。

動画のお仕事

本職は音楽ですが、動画を作るお仕事もやってます。

動画の仕事は楽しい。始めたのはいまから3年くらい前。この歳で新しいことを始めて、それが大好きになるとは思ってもいなかった。

自分は正直テクニックは全くないんだけど、素材映像から「ここ!」というシーンをうまく抜き出してストーリーを作っていくのは本当に楽しい。でまた、偶然の産物がけっこうあるのも面白い。ここぞというところで音と映像がぴったんこ合ったりとか。なかなか不思議。

初めて作った(撮影して、編集した)動画がこれ。再生回数6700回まできた。

そのあとは、これとか、(これは音楽も自作)

これも。(こっちも、音楽は自作)

ということで、自分の強みとしては、映像に合わせて音楽を自作できることかな? 全体の雰囲気に合わせてざっくり作ったり、映像のストーリー展開を意識しながら細かくアレンジしたこともある。

しかし、そろそろ一眼レフでの動画撮影を覚えないといけないんけど、あれって自動でピントが合わないので、自分には相当ハードル高いな。。