ベース・ドラムの個人レッスン

ベースやドラムなどの個人レッスンをやっています。ベース個人レッスンの詳しいことはこちらのページでご確認ください。ドラムの個人レッスンの詳細についてはこちらからどうぞ。

ライブ情報

安田陽が出演するライブの情報はこちらのページにまとめております。
2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

11月と12月のライブ予定

11月17日(金)

The Premium Night Live
カフェ・オーシャン50周年記念 “コザの表側ライヴ!!”
CD「Over the Ocean」発売記念スーパーライブ
会場ではアカミネファームの美味しいお肉料理とお酒もご用意しています。

日付:2017年11月17日(金)
場所:ミュージックタウン音市場(3Fホール)
時間:【開場】18:00 【開演】19:00

出演:
ヤラヤッシー、オーシャン・スペシャルバンド
オープニングアクト:ジョニーライヤーズ

料金:
【全席自由】¥3,000(税込)
※消費税込
※1ドリンク付き
※未就学児入場不可

プレイガイド:
イープラス(ファミリーマート)
ローソンチケット(Lコード:84406)
ミュージックタウン音市場
カフェ・オーシャン
普久原楽器
照屋楽器店

11月18日(土)

山田鳥夫 presents
スタンダードナイト with 樺里美 Vol.2

<山田鳥夫>
2015年に結成、同年12月からライブハウスgrooveを本拠地としてライブを行っているジャズファンクトリオ。メンバーは石原守次郎(エレキギター)、泉川寛人(ドラム)、安田陽(エレキベース)。 ジョン・スコフィールドやラリー・カールトンといったアーティストの楽曲のカバーだけでなく、メンバーによるオリジナル楽曲も。2017年5月には高校生ヴォーカリスト山田なづのバックで那覇ハーリーに出演。

<樺里美(かりみ)>
1980年代、沖縄に新風を巻き起こした「六人組」のヴォーカリストとして活躍。2001年に育児から音楽活動に復帰し、2003年には県内で活躍中のプロミュージシャンらと「10行(じゅごう)」を結成。マキシシングル「暁」、アルバム「琉璃」を発表し県内でライブ活動を展開。2004年、生まれ育った栄町市場に戻り、「めいどいん栄町市場」等のアルバム制作を始め、栄町市場の活性化に大きく貢献。2017年から自身の音楽活動を再開。

場所:groove(沖縄県浦添市勢理客)
開場19:30
開演20:00
料金1,500円+ドリンクオーダー

11月25日(土)

近日公開予定

11月26日、日曜日

ソロインプロノウタゲVol.3
Experimental, Improvised, Noise, Electronic, Free-Jazz, Avant Garde, and Other Forms of Contemporary Sound in Okinawa Japan

<安田陽[bass.handsonic]>
松任谷由実のラジオ番組エンディングテーマに楽曲が起用され沖縄で大人気となったバンド「アイランド」のメンバーと共に1994年「パーフェクトワールド」を結成。以後、同バンドでピースフル・ラブ・ロック・ フェスティバル出演、CDリリース、数々のイベントに参加。NHK-BS「アジアライブ」の沖縄収録時には、南こうせつ、日野皓正などのトップアーティストやアジア各国から来日したアーティストたちのバックを同バンドで務めた。加えて沖縄出身のヴォーカリストSinon(フォーライフレコードよりメジャーデビュー)やギタリスト是方博邦の沖縄公演などもサポート。
パーフェクトワールド活動休止後は中尾彬・池波志乃夫妻プロデュースによる沖縄のブルースロックバンド「B-Trippers(ビー・トリッパーズ)」のレコーディングおよびステージメンバーとしても活動。また「しゃかり」の結成10周年コンサートでは角松敏生と競演。未唯Mie(ピンクレディー)の沖縄スペシャルライブにもベースプレイヤーとして全面参加。その他、多数の沖縄県内アーティストのステージやレコーディングをサポート。2016年4月には子どもと一緒に参加できるジャズライブ「親子ジャズ」を沖縄でスタート。現在は琉球歴史エンターテイメント「綾庭の宴(あやみやのうたげ)」やジャズファンクトリオ「山田鳥夫」、サザンバンド沖縄の正式メンバーとしても活動するほか、ライブハウスgrooveで開催されている「月刊インプロ」にも参加中。
http://yoyasuda.com/

<小林拓也[guitar]>
「言葉や決めゴトから完全に解放され、空間と一体になる瞬間…自分が主体的に弾いているのか、弾かされているのかも定かではありません。その高みを味わいたくてノイズインプロをやっています。ギターと不思議な電気箱たちと、小さな鍵盤と。」奈良生まれ。’00年代京都アンダーグラウンド音楽シーンの影響を色濃く受ける。オープンスペース内の自主運営スタジオで様々なバックグラウンドのミュージシャンと夜な夜なセッションを重ね独自のスタイルを模索。緩やかなセッショングループやステディなバンドの他に、活動範囲は路上へも。総出力4000w/生ドラム搭載可能な移動サウンドシステムをリヤカーと建築資材で組み上げ、イベントやデモンストレーションに動員。’05年前後よりソロパフォーマンスへ主軸を移し試行錯誤を開始。’14年沖縄へ。ヤンバル方面にて独り研鑽を積む。’16年、那覇ノイズシーンと出会う。浦添groove「月刊インプロ」不定期出演。

<Takane EABL[modular synthesizer]>
カラフルにパッチングされたモジュラーシンセサイザーを使い、リアルタイムに音を合成・創造し演奏する。HipHop~Techno、サウンドコラージュ、ノイズ、Musical Improvisation をバックグラウンドとする。
http://www.takane-eabl.com

<新垣睦美[vocal,歌三線,effect]>
作詞作曲編曲。大阪外国語大学(現 大阪大学)スワヒリ語学科卒。
沖縄伝統音楽を軸に、フリージャズ、アンビエントなどのコンテンポラリーなサウンドや民族音楽と、自身の哲学とを革新的に融合。2016 New Narratives Film Festival(台湾)にてソロ演奏。Salif Keitaの元ギタリストでコラの名手でもあるマリ出身のMamadou DoumbiaとDuo共演。沖縄音楽の巨匠普久原朝喜、普久原京子の孫弟子。日本屈指のジャズボーカリスト与世山澄子にVocalを師事。
http://www.aragakimutsumi.com

場所:groove(沖縄県浦添市勢理客)
開場20:00
開演20:30
料金1,000円+ドリンクオーダー

11月30日、木曜日

月刊インプロvol.50回!記念スペシャル!!

野村健太[トロンバマリーナ]
Isao Hamagawa[guitar]
安田陽[bass.handsonic]
TakaneEABL[modular synthesizer]
そんちょう[trumpet]
PIN[turntable]
翁長巳酉[percussion]
ひでゆき[bass]
ダニーマエノ[guitar.voice]
大嶺あきと[bass.turntable]
川崎巽也[guitar]
入間川正美[cello]

場所:groove(沖縄県浦添市勢理客)
開場20:00
開演21:00
料金1,000円+ドリンクオーダー

12月16日(土)

サザンバンド沖縄
「ザ・主題歌」
あの懐かしい曲から最新ナンバーまで、
ドラマはもちろん映画やCMで使われたサザンの名曲を盛大にお届け!

場所 ライブハウスモッズ(沖縄県中頭郡北谷町)
開場 19:00
開演 20:00
前売 ¥2500
当日 ¥3000
要別途ドリンクオーダー

山田なづちゃんのバックで第43回那覇ハーリー出演

ジャズファンクバンド山田鳥夫、2017年初のステージは5月3日(水)の那覇ハーリー。

山田なづちゃんのバックで出演してきました。


右から泉川寛人(ドラム)、山田なづ(ヴォーカル)、石原守次郎(ギター)、安田陽(ベース)。


ステージを表から見るとこんな感じ。


ステージ上はこんな感じ。

なづちゃんはこちらのアルバムにも参加したとのこと。今後の活躍が楽しみです。

7月の山田鳥夫ライブ情報

ジャズ、ファンク、インプロ、ノイズが入り交じった摩訶不思議なバンド「山田鳥夫」の7月のライブ情報です。

Groove_FB用.001

「山田鳥夫」
メンバー:石原守次郎[guitar]、安田陽[bass]、泉川寛人[drums]
場所:ライブハウスGroove(沖縄県浦添市勢理客2−18−10)
開場20:30
開演21:00
料金1,000円+ドリンクオーダー

以前から私のオリジナル曲はやっていましたが、ついにギターの石原さんのオリジナル曲も初登場します。

あと、ここだけの話ですが、スペシャルゲストも参加します。

ライブ予定(4月〜5月暫定版)

■4月9日(土)「親子ジャズ」
詳細は http://oyakojazz.com へ。
20160409-タテ.001

■4月24日(日)「勢理客☆春のドFunkまつり」
出演:山田鳥夫、Funky Soul Staff
場所:浦添勢理客Groove
開場:18時30分
開演:19時
チャージ:1,000円
20160424.jpg.001

■5月8日(日)「島みずき」
会場:LIVEHOUSEモッズ
沖縄県中頭郡北谷町美浜9番地1
デポアイランドビルE館2F
TEL/FAX. 098-936-5708
前売¥3,000
当日¥3,500
※1ドリンク別要
19:00開場
20:00開演

Vocal、Sanshin:島みずき
Keyboard:新川 雅啓
Bass:安田 陽
Drums:末吉ヒロト
オープニングアクト:OKINAWA和太鼓奏者HIDETO

山田鳥夫ライブ3回目

こないだ浦添のグルーブで山田鳥夫の3回目のライブを行った。

で、家にあるエフェクターをフル動員してみた次第。つまり、ワウペダル、ディレイ、ループサンプラー、ディストーション、オートワウ、ボリュームペダル2個。

結果ベースソロが曲によってはフリーインプロビゼイションみたいなスタイルとなり、かなり実験的な音というか、聞き慣れない人は「はぁ?」ってなったはず。が、個人的にはわりといいかもと思ったので、ちょっと雑だった部分を整理しつつ、基本的にはこの路線でいこうと思った次第。

山田鳥夫、ガシガシ作曲中

本格的にライブ活動をスタートさせたジャズファンクトリオ「山田鳥夫」ですが、実は週イチのペースでオリジナルを作曲中。まだリハしながらアレンジなど詰めている段階ですが、徐々にライブでご披露いたします。乞うご期待。

「山田鳥夫」が公式声明発表、山田姓の由来は「山田なづちゃんにあやかりたくて」

昨日のお披露目ライブもなんとか無事に乗り越えた、

まだまだよちよち歩きの山田鳥夫ですが、

「鳥夫はわかったけど、なんで山田なの?」

というご質問を頂きましたのでお答えします。

それは

山田なづちゃんにあやかりたかったから」

です。。

いつか山田鳥夫で山田なづちゃんのバックバンドをやらせて頂けたら、、と

おじさんたちは夢見ております。

沖縄発・いま最注目のKawaii系ジャズファンクトリオ「山田鳥夫」が12月17日(木)にデビューライブを敢行

。。。ハイ、というわけで、約半年にわたりリハーサルを重ねてきた我々「山田鳥夫(やまだとりお)」が12月17日(木)にお披露目ライブ=憧れの「KgK」さんとご一緒させて頂きます。見た目はKawaii系ですが音は爆音で弾きまくりです。皆さまのご来場を心よりお待ちしております!

<場所>
浦添groove(駐車場有り:有料一律500円)
浦添市勢理客 2-18-10 地下一階
TEL 879-4977
http://www.cosmos.ne.jp/~groove/
開場 21:00
開演 22:00
料金 1,000円+ドリンクオーダー

<出演>
■KgK
川崎巽也   [guitar,effect]
上地gacha一也 [double-bass,effect]
城間和広   [drums,toys]
ジャズをベースにエレクトロニカやポストロックの手法を取り入れた新しい感覚のジャズバンド!

■山田鳥夫
石原守次郎 [guitar]
安田陽   [bass]
泉川寛人 Izumikawa  [drums]
GOOD ROCKIN BLUES BANDの石原さん率いるジャズファンクトリオ!