ベースの個人レッスン

ベースの個人レッスンをやっています。詳しいことはこちらのページでご確認ください。

ライブ情報

安田陽が出演するライブの情報はこちらのページにまとめております。
2018年5月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

レゲエのレコーディング

たぶんレゲエをレコーディングしたのは生まれて初めて。

スタジオで借りた、アンペグの真空管アンプ。持って行ったVanzandtのジャズベとすごく相性が良かった。

東京から沖縄に演奏しに来るカスアーティスト、カスミュージシャンたちの話

表題の件。

自分も以前実際に経験したんだけど、最近もひどい話を聞いたので敢えてタイトルにこう書いた。

その道では東京で、というか全国的に有名なアーティスト、ミュージシャンが沖縄にライブをしに来て、コアメンバー以外のパートは沖縄のミュージシャンで固める、ということが時々ある。例えば、歌手がひとりで沖縄に来て、バンドは全部沖縄のミュージシャンを揃えるとか、ソロアーティストとして活動中のミュージシャンがひとりで来て、その人以外のパートは沖縄のミュージシャンに頼むとか、そんな感じ。

自分もたまにこういう形で声がかかるのだけど、こういうときに彼ら、なぜかサポートをお願いした沖縄のミュージシャンたちより優位に立とうとすることが多い。

で、サウンドで沖縄のミュージシャンたちからリスペクトされる形に持っていくのならいいけど、なんと、言葉や態度で威圧する人たちがいる。

彼らをサポートする沖縄のミュージシャンからすると、それなりに名前が売れてる人たち(場合によっては年齢差もかなりあるので大先輩だったりする)なので、ただでさえこちらは萎縮気味。

なところに、思い切り言葉で威圧したり(具体的な発言内容を書くと誰のことを言わんとしているのかバレるので書かないが、相当残念な内容)、ライブ当日の本番直前にしか打ち合わせ時間がないのにわざと難しい曲を持ってきたり、こちらに要求する内容が気分で180度変わったり、と文字通りやりたい放題。

この人たちはいったい何のために音楽やってるのかなぁ…?

お客さまたちに良い音を聴かせたいないなら、まずはバンドメンバーどうしの信頼関係を築くことが一番大切なんですけど?

仮にいくら技術的にものすごいミュージシャンが集まっても、メンバーの間に不信感がある状態で良い音など絶対に出ない。

だから彼らの威圧的な態度って結局、私たちが一番大切にすべき、良い音を聴きたいとお金を払って観に来てくれている「お客さま」たちを完全に裏切ってる。

沖縄のミュージシャンは君らのような考えでは音楽やってませんので、そこのところご理解よろしくお願いいたします。

ちなみに、東京のミュージシャンが出す音と、沖縄のミュージシャンが出す音はかなり違う。だから沖縄のミュージシャンに東京の音を求めてもぜったい無理だし、逆に東京のミュージシャンにも沖縄の音は出せない。これって別に自然なことなので、どっちがいいっていう話ではない。

なので、東京の音を沖縄で再現したいのなら東京のバンドメンバーを連れてくればいいだけの話。彼らは結局、サポートミュージシャンを現地調達して出費をケチりたいだけ。

いろいろ書きましたが、こういうしょーもない人たちにはホント沖縄に来てほしくないですね。

山田鳥夫のライブのダイジェスト映像

那覇のライブハウス「バンターハウス」のオーナー、友利さんがわざわざ作ってくれました。

山田鳥夫、これでやっと映像でご覧頂けるようになりました。

12月2日(土)にHANK西山さんの前座で演奏させてもらったときのものです。

私は髪を切ったばかりで、超短髪です。

クリスマスイヴライヴ at ガンガラーの谷 ケイブカフェ

毎年思う。

日本のほとんどのこどもたちって

クリスマスが何の日か、知らないよねたぶん。

実は親もよく分かってない、なんていうことも充分あり得そうだ…。

という話はさておき、今年のクリスマスイヴはちょっと変わったシチュエーションで演奏させてもらった。

ライブ詳細はこちら。
http://www.gangala.com/caverestaurant/

一番奥がステージ。鍾乳洞ということで、どんな音環境になるんだろうと心配してたんだけど、変な反響とかは一切なくてすごくやりやすかった。上からぶら下がってるつららみたいなのがうまい具合に吸収してくれてるんだと思う。

ちなみに今回もベースはヤマハSB500Sを使った。アンプは自分のローランドDB-500を持って行った。


サウンドチェック前の準備中。

あと、ここは2万年前に生きていた人類の祖先の骨とかが見つかっている場所。このあたりに関してオーナーからとても興味深い話を聞いたのだけど、オモテに出てないみたいなのでここでは書かないでおこうと思う。

まぁこれだけの場所なので、過去いろんな歴史があったあろうことは想像に難くない。

この日はほかにもいろいろなことがあり、なんか不思議なクリスマスイヴだった。

キーボードプレイヤー川満悟(かわみつさとる)さんのこと

2017年12月5日(火)の夜、キーボードプレイヤーの川満悟さんが亡くなった。

川満さんとはこの10年ほどサザンバンド沖縄でずっと一緒だったこともあり、いるのが当たり前、の存在だった。

ただ、この何年かは体調が良くなさそうで、去年くらいからは入退院を繰り返していた。

そんな中、無理をしてサザンバンド沖縄のライブに参加してもらったりしていた。

サザンバンド沖縄での最後の演奏は、今年の「名護夏祭り」だったと思う。

あの日は本当に暑くて、日中行われたリハーサルのときもクーラーが効いた控え室があるわけでもなく、炎天下のテントの中で長い待ち時間を過ごした(リハーサルが終わったらすぐ、近くのA&Wにみんなで移動したが)。

演奏は夜だったのだけど(確かトリだった)、演奏終了後、川満さんはキーボードを片付ける余力もなく、照明が消えたステージ上でペタッとひざまずいて座り込んでいた。まさに持てる力を全て出し切った、使い果たした、そんな感じだった。その後、メンバーで協力して川満さんの重いキーボードを車に載せた。

あの日は川満さんの車を自分が運転する形で2人で会場を往復した。道中いろんな話をしたのだけど、サザンバンドのことをいろいろ心配していることがすごく伝わってきた。途中、自分がつい「そこまで気にしなくてもいいんじゃない?」みたいなことも言ったりしたのけど、それだけ川満さんがバンドのことを想っているということの現れだったんだと思う。

いまから1ヶ月くらい前、川満さんが夢に出てきたのでその日慌ててお見舞いに行った。1時間ほどの私の滞在中、半分くらいは眠っていた。たまに起きてバンドについての心配事などを話した。そして時々つらそうな表情をした。どこかが痛かったのだと思う。

本当はこの日、約束していたスターダストレビューのライブDVDを持って行かなければいけなかったのに、結局ダビングできず、持って行けなかった。自分がこのDVDを持って行かなかったことに実は相当がっかりしていたはずだが、そういうことは一言も口にしなかった。

川満さんは本当に、自分の中では「いて当たり前」のミュージシャン仲間だった。だけど、自分にとって川満さんは、実はただのミュージシャン仲間ではないということ。川満さんは、自分が沖縄で初めて参加させてもらったバンドのメンバーだったのだ。

1994年当時、川満さんはヴォーカリストの凡子(なみこ)さんとふたりで「アクロッシング」というユニットを組んでいた。そこに私が加わらせてもらったのだ。

アクロッシングではいろんなところで演奏させてもらったと思う。ライブハウスはもちろん、野外イベントなどでも。当時瀬長島で行われた大きなイベントで「アイランド」の前座をさせてもらったこともいまだによく覚えている。

私はその後、アイランドを抜けたメンバーに誘われて「パーフェクトワールド」というバンドを結成し、個人的にも音楽活動が忙しくなっていく。そしてアクロッシングは、そういう私の勝手な都合でまたもとのふたりに戻った。

右も左も分からない私をバンドに誘ってくれた川満さん、そしてそのバンドを自己都合で辞めても文句ひとつ言わず、そのあとも20年以上にわたり優しく付き合ってくれた川満さん。川満さんにはお礼の言いようがありません。

川満さんは本当に音楽のことを愛していたので、たぶんまだまだ全然、弾き足りなかったと思う。この世を去る前にもっともっと演奏したかったはず…このことは間違いないし、この点については本当に気の毒でならない。

だけど、天国にはサザンバンド沖縄の初代ヴォーカリストのけんじゅんさんもいるから、どうか天国で存分にセッションを楽しんでほしいと思います。けんじゅんさんによろしくお伝えください。サザンバンド沖縄は元気でやっています。お客さんもとても喜んでくれています。

サザンバンド沖縄は今度の土曜日、12月16日に恒例のライブハウスモッズでのライブを控えている。予約者数は100名を突破したそうだ。

当日はまちがいなく川満さんも会場に来るだろう。自分たちも川満さんを想いながら演奏すると思います。どうか楽しんでください。

山田鳥夫のライブ映像

初お目見え。

先日、那覇市のバンターハウスでの山田鳥夫の演奏をまるごと撮って頂きました。

久保田利伸さんのライブツアーなどでも活躍されていたギタリスト、HANK西山さんの前座として演奏させてもらった時のものです。

以下をクリックすると別ウィンドウで開きます。

https://www.youtube.com/watch?v=C7xKvyjS0No

ところどころ粗いですが、まぁ勢い重視のバンドなので…

11月と12月のライブ予定(12月9日更新)

11月17日(金)

The Premium Night Live
カフェ・オーシャン50周年記念 “コザの表側ライヴ!!”
CD「Over the Ocean」発売記念スーパーライブ
会場ではアカミネファームの美味しいお肉料理とお酒もご用意しています。

日付:2017年11月17日(金)
場所:ミュージックタウン音市場(3Fホール)
時間:【開場】18:00 【開演】19:00

出演:
ヤラヤッシー、オーシャン・スペシャルバンド
オープニングアクト:ジョニーライヤーズ

料金:
【全席自由】¥3,000(税込)
※消費税込
※1ドリンク付き
※未就学児入場不可

プレイガイド:
イープラス(ファミリーマート)
ローソンチケット(Lコード:84406)
ミュージックタウン音市場
カフェ・オーシャン
普久原楽器
照屋楽器店

11月18日(土)

山田鳥夫 presents
スタンダードナイト with 樺里美 Vol.2

<山田鳥夫>
2015年に結成、同年12月からライブハウスgrooveを本拠地としてライブを行っているジャズファンクトリオ。メンバーは石原守次郎(エレキギター)、泉川寛人(ドラム)、安田陽(エレキベース)。 ジョン・スコフィールドやラリー・カールトンといったアーティストの楽曲のカバーだけでなく、メンバーによるオリジナル楽曲も。2017年5月には高校生ヴォーカリスト山田なづのバックで那覇ハーリーに出演。

<樺里美(かりみ)>
1980年代、沖縄に新風を巻き起こした「六人組」のヴォーカリストとして活躍。2001年に育児から音楽活動に復帰し、2003年には県内で活躍中のプロミュージシャンらと「10行(じゅごう)」を結成。マキシシングル「暁」、アルバム「琉璃」を発表し県内でライブ活動を展開。2004年、生まれ育った栄町市場に戻り、「めいどいん栄町市場」等のアルバム制作を始め、栄町市場の活性化に大きく貢献。2017年から自身の音楽活動を再開。

場所:groove(沖縄県浦添市勢理客)
開場19:30
開演20:00
料金1,500円+ドリンクオーダー

11月25日(土)

近日公開予定

11月26日、日曜日

ソロインプロノウタゲVol.3
Experimental, Improvised, Noise, Electronic, Free-Jazz, Avant Garde, and Other Forms of Contemporary Sound in Okinawa Japan

<安田陽[bass.handsonic]>
松任谷由実のラジオ番組エンディングテーマに楽曲が起用され沖縄で大人気となったバンド「アイランド」のメンバーと共に1994年「パーフェクトワールド」を結成。以後、同バンドでピースフル・ラブ・ロック・ フェスティバル出演、CDリリース、数々のイベントに参加。NHK-BS「アジアライブ」の沖縄収録時には、南こうせつ、日野皓正などのトップアーティストやアジア各国から来日したアーティストたちのバックを同バンドで務めた。加えて沖縄出身のヴォーカリストSinon(フォーライフレコードよりメジャーデビュー)やギタリスト是方博邦の沖縄公演などもサポート。
パーフェクトワールド活動休止後は中尾彬・池波志乃夫妻プロデュースによる沖縄のブルースロックバンド「B-Trippers(ビー・トリッパーズ)」のレコーディングおよびステージメンバーとしても活動。また「しゃかり」の結成10周年コンサートでは角松敏生と競演。未唯Mie(ピンクレディー)の沖縄スペシャルライブにもベースプレイヤーとして全面参加。その他、多数の沖縄県内アーティストのステージやレコーディングをサポート。2016年4月には子どもと一緒に参加できるジャズライブ「親子ジャズ」を沖縄でスタート。現在は琉球歴史エンターテイメント「綾庭の宴(あやみやのうたげ)」やジャズファンクトリオ「山田鳥夫」、サザンバンド沖縄の正式メンバーとしても活動するほか、ライブハウスgrooveで開催されている「月刊インプロ」にも参加中。
http://yoyasuda.com/

<小林拓也[guitar]>
「言葉や決めゴトから完全に解放され、空間と一体になる瞬間…自分が主体的に弾いているのか、弾かされているのかも定かではありません。その高みを味わいたくてノイズインプロをやっています。ギターと不思議な電気箱たちと、小さな鍵盤と。」奈良生まれ。’00年代京都アンダーグラウンド音楽シーンの影響を色濃く受ける。オープンスペース内の自主運営スタジオで様々なバックグラウンドのミュージシャンと夜な夜なセッションを重ね独自のスタイルを模索。緩やかなセッショングループやステディなバンドの他に、活動範囲は路上へも。総出力4000w/生ドラム搭載可能な移動サウンドシステムをリヤカーと建築資材で組み上げ、イベントやデモンストレーションに動員。’05年前後よりソロパフォーマンスへ主軸を移し試行錯誤を開始。’14年沖縄へ。ヤンバル方面にて独り研鑽を積む。’16年、那覇ノイズシーンと出会う。浦添groove「月刊インプロ」不定期出演。

<Takane EABL[modular synthesizer]>
カラフルにパッチングされたモジュラーシンセサイザーを使い、リアルタイムに音を合成・創造し演奏する。HipHop~Techno、サウンドコラージュ、ノイズ、Musical Improvisation をバックグラウンドとする。
http://www.takane-eabl.com

<新垣睦美[vocal,歌三線,effect]>
作詞作曲編曲。大阪外国語大学(現 大阪大学)スワヒリ語学科卒。
沖縄伝統音楽を軸に、フリージャズ、アンビエントなどのコンテンポラリーなサウンドや民族音楽と、自身の哲学とを革新的に融合。2016 New Narratives Film Festival(台湾)にてソロ演奏。Salif Keitaの元ギタリストでコラの名手でもあるマリ出身のMamadou DoumbiaとDuo共演。沖縄音楽の巨匠普久原朝喜、普久原京子の孫弟子。日本屈指のジャズボーカリスト与世山澄子にVocalを師事。
http://www.aragakimutsumi.com

場所:groove(沖縄県浦添市勢理客)
開場20:00
開演20:30
料金1,000円+ドリンクオーダー

11月30日、木曜日

月刊インプロvol.50回!記念スペシャル!!

野村健太[トロンバマリーナ]
Isao Hamagawa[guitar]
安田陽[bass.handsonic]
TakaneEABL[modular synthesizer]
そんちょう[trumpet]
PIN[turntable]
翁長巳酉[percussion]
ひでゆき[bass]
ダニーマエノ[guitar.voice]
大嶺あきと[bass.turntable]
川崎巽也[guitar]
入間川正美[cello]

場所:groove(沖縄県浦添市勢理客)
開場20:00
開演21:00
料金1,000円+ドリンクオーダー

12月2日(土)

Funk Jazz guiter
【西山HANK史翁 Live in NAHA】
場所:バンターハウス(沖縄県那覇市)
出演:西山HANK史翁(Gt)/村松志門(Sax)/カマンタ(Key)/小島拓也(B)/牧野せつ子(Dr)
※Special Opening Act【山田鳥夫】
石原守次郎(Gt)/安田陽(B)/泉川寛人(Dr)
open19:00 start20:00
ライブチャージ2,000円(別途ドリンク注文)

12月16日(土)

サザンバンド沖縄
「ザ・主題歌」
あの懐かしい曲から最新ナンバーまで、
ドラマはもちろん映画やCMで使われたサザンの名曲を盛大にお届け!

場所 ライブハウスモッズ(沖縄県中頭郡北谷町)
開場 19:00
開演 20:00
前売 ¥2500
当日 ¥3000
要別途ドリンクオーダー

12月17日(日)

Miyuki Tanaka Birthday party & Live
場所:シダックス新都心ホール 098(868)2011
時間:PM3:00〜
チケット:3800円(お茶菓子、ソフトドリンク付き)
演奏:歌バンド♪(MiyukiTanaka ,KAZUFUMI, KIYOSHI, ジェフ藏方、Yoko Uehara)
   TRINITY♪ (Miyuki Tanaka, Yo Yasuda, Mike Robles)

10月のライブ予定

10月9日(月・体育の日)

「月刊インプロvol.49」
場所:ライブハウスgroove(沖縄県浦添市勢理客)
犬塚拓一郎(いぬがくだん)[piano.toys]
伊藤浩嘉(いぬがくだん)[guitar]
安田陽[bass.handsonic]
上地gacha一也[double-bass]
開場19:30
開演20:00
料金1,000円+ドリンクオーダー

10月13日(金)

「OKINAWA AMERICANA LIVE」
場所:ライブハウスMODS(沖縄県中頭郡北谷町)
MERRY & DAVID
ドラム:KAZUMARU
ベース:安田陽
開場 19:00
開演 20:00
前売¥2000
当日¥2500
要 別途ドリンクオーダー

10月21日(土)

「サザンバンド沖縄」
場所:第12回うるままつり
詳細:http://www.city.uruma.lg.jp/culture/1249/9113/6522

10月28日(土)

「第5回オキナワ・ブルース&ソウル・レビュー」
場所:ライブハウスMODS(沖縄県中頭郡北谷町)
・FLYING FUNKY BIRDS
・RELAXIN:KITCHEN
・THE TWINS from KYOTO
・ASCENSION
・SHOTA&HIS BAND
開場 18:00
開演 19:00
ライブチャージ¥2500
要別途ドリンクオーダー

日野皓正さんの件で感じたこと

日野皓正さんの件、いろんなひとがいろんなこと言ってるけど、はっきりいってしょーもない意見ばっかり。そもそもこの件に関しては、この中学生ドラマーの性格やプレイヤーとしてのポテンシャル、そして日野さんとのふだんからの関係性を理解したうえで、このコンサートを最初から最後まで実際に見た人じゃないと意見を言う資格はないはず。

。。なんだけど、そんなしょーもない意見でもなぜかネット上では賛同者が続々現れ、Facebookでがんがん拡散され、さらに私がふだん一緒にやっているメンバーがそういう意見に賛同しているのを発見し、何とも言えないモヤモヤした気分になっている。かんべんしてくれ。。。

 

とりあえず、この件で自分が感じたのは、日野さんとこの中学生ドラマーの音楽に対するケタ違いの情熱。

彼らの情熱を一般人が理解するのははっきり言ってムリだと思う。

大勢の観客の前での往復ビンタもそこから来てる。

自分はあそこまでの情熱、持ってるかなぁ。。

 

ただ、自分はあんなエゴの強いプレイヤーとは絶対一緒に演奏したくない。だから、仮に自分が日野さんの立場だったとしたら、自分も日野さんと同じような行動をとった可能性が大。

9月のライブ情報

9月10日(日):月刊インプロ Vol.48

石原岳(ピラルク)[guitar]
安田陽(山田鳥夫.Escape From Dimention)[bass.handsonic]
そんちょう[trumpet]
若谷正信(ピラルク.大宇宙卵)[guitar]
仲嶺タケアキ(ORCA.doudou)[drums]
米須雄作[drums]
宮田まこと[drums]

場所:ライブハウスgroove(沖縄県浦添市勢理客)
http://www.cosmos.ne.jp/~groove/

開場18:30
開演19:00
料金1,000円+ドリンクオーダー

9月16日(土):海洋博公園 第3回 夕陽鑑賞会 ~音楽と食とゆうもどろの祭典~

170814_event_0407
「ゆうもどろの花」と称される本部町の美しい夕陽を眺めながら、JAZZやオールディーズといったさまざまなジャンルのライブ演奏をお楽しみいただけるイベントです。また、本部町の飲食店などが出店する「おいしいもの広場」も併設します。ここでしか味わえない、特別なひとときをお楽しみください。
http://oki-park.jp/kaiyohaku/events/detail/3295

※サザンバンド沖縄で出演します。

[日時]平成29年9月16日(土)、17日(日)16:20~19:30
※雨天中止
※予備日:9月23日(土)、24日(日)
※台風等の影響により、9月12日(火)までに開催困難と判断した場合は、予備日に変更します。

[場所]海洋博公園 夕陽の広場

[料金]無料

[プログラム]
9月16日(土)
16:20スタート
16:30~17:20 Harvest Moon [ラテンジャズ]
17:35~18:25 レキオス・バンド [JAZZ]
18:40~19:30 サザンバンド沖縄 [JPOP]

9月24日(日):山田鳥夫 Presents スタンダードナイト with 樺里美

樺里美(かりみ)
www.cosmos.ne.jp
1980年代、沖縄に新風を巻き起こした「六人組」のヴォーカリストとして活躍。2001年に育児から音楽活動に復帰し、2003年には県内で活躍中のプロミュージシャンらと「10行(じゅごう)」を結成。マキシシングル「暁」、アルバム「琉璃」を発表し県内でライブ活動を展開。2004年、生まれ育った栄町市場に戻り、「めいどいん栄町市場」等のアルバム制作を始め、栄町市場の活性化に大きく貢献。2017年から自身の音楽活動を再開。

場所:ライブハウスgroove(沖縄県浦添市勢理客)
http://www.cosmos.ne.jp/~groove/

開場18:30
開演19:00
料金1,000円+ドリンクオーダー

9月30日(土):第37回 野國總管(のぐにそうかん)まつり

2acc3a69dfb3b3c7ab5f66e248bee05e34690982

沖縄県嘉手納町が生んだ偉人「野國總管」
西暦1605年、野國總管によって中国福建省からもたらされた一株の甘藷が、地に落ちた一粒の麦の如くに沖縄の大地で実り、我が町を発信地としてやがて全国へと広がっていき、人々を飢えや飢饉から救い、全国民が等しくその恩恵に浴することになりました。野國總管生誕の地・嘉手納町では、野國總管の遺徳を顕彰し、その功績を称え、甘藷を「野国いも」の愛称で呼ぶとともに、野國總管と我が国における甘藷発祥の地・嘉手納を広く全国に発信し、アピールするため「野國總管まつり」を町民参加で挙行しています。
http://www.town.kadena.okinawa.jp/events/eve4156.html

※サザンバンド沖縄で出演します。

【日時】平成29年9月30日(土)、10月1日(日)
【場所】沖縄県嘉手納町兼久海浜公園