ベース個人レッスン

出張個人レッスンをやっています。詳しいことはこちらのページでご確認ください。

投稿日カレンダー

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

やりたいこと、やるべきこと(高橋洋子さんのインタビューを読んで)

大人たちは、これから成長して大人になっていくこどもたちに、「やりたいこと」と「やるべきこと」を区別することを教えておいたほうがいいような気がしている。

やりたいこと=「自分の夢」。この場合、自分≒自我ともいえる。
やるべきこと=「自分が社会から求められていること」

その意味で、こちらの高橋洋子さんという歌手の方のインタビュー記事が面白かった。

自分が高橋洋子さんのことを知ったのは1991年頃。高橋さんは当時発売された松任谷由実さんの「WINGS OF LIGHT」というものすごいライブビデオでバックコーラスをやっていて、その後エヴァンゲリオンというアニメの主題歌を歌ってめちゃめちゃ有名になった方。

高橋さんが上記インタビューの中盤で話している内容が興味深い。以下抜粋。

これ勝手な持論なんですが、あの聖人のイエスは「YES(はい)」なんだなと思ったんですよ。「はい」と肯定すること。だから人(人間)の形をとっているイエスというのはひとつのシンボルであって、「YES」と言って生きていくことを主としたシンボルのメッセージなんじゃないかと思うようになったんです。

必要のないものは来ないと思うから。そう考えたら自分がイヤなことであっても多分必要なはずなんだと思うことにしているんですよ。だから、怖いんだけど「はい」って肯定していくといろんなことが円滑に回っていくんですよ。

「私が」とか「私の」とか言っているとそれは私の学びではないというか、そういう自我を外していくってことがたぶん勉強しなければいけないことだと思うから、それを外さないで痛い目に合うんだったら外してしまえばいいじゃないかと。怖いけど、イヤだなと思っていることをやると案外そうでもないんだなってこともわかってきたし。だからとりあえず「はい」っていう。

でも、一度は反抗したりするんですよ、「ええ? そんなのおかしいよ」とか「イヤだよ」とか言うんですけど、「いや、でも待てよ。これはもしかしたら夢のなかのテストかもしれないからちょっと”はい”って言ってみようかな」と。

「はい」と肯定していこうかなと思うのは、たんに痛い目にあいたくないという理由だけではなくて、「私」っていう拘束があるから生きてて苦しいんだと思うんですよ。それがなければそんなに苦しくないと思うようになって、それを実験中なんです。

想像している範疇(はんちゅう)のことって小さいんですよ。こういうふうになったらいいのになあって思うのは自分の思考だから。

自分で決めないということは何かに全託していることじゃないですか。ってことは、あたかも宇宙図書館を味方につけたようなものだから規模が違うんですよ。自分で決めるということは、たかだか自分が生きてきた記憶と知識のなかで組まれる方程式だから、自分のリサーチのなかのホントは100点でいきたいけどだいたい平均点くらいになるんですよ。相手がどう来るかわからない時点でのリサーチだから。でも、それすら決めない場合は、決めていないからもともとの平均点もないし、全部任せると想像もしないことが起きるんですよ。

ハチは花びらが見えずに花粉が見えるっていうでしょ。でも、私は花びらは見えるけど花粉は見えないんですよ。だから自分が見ているものが正しいんだと主張することくらいムダなことはないなってすごく思うんですよ。

みんなそのシンプルな形で生きれば楽なのにわざわざ難しくしてるんだと、自分も含めてそう思うんです。そういう意味でその人には「そうなんだ」と肯定するだけでいいと、そういうふうに思ったらシンプルになりました。日々そうだなと思うんです。


結局、親は自分の子どもにどんな人になってほしいのか?

いわゆるいい私立の学校とか、そういう学校に入るための塾とか、スイミング教室とか、音楽教室とか、絵画教室とか、ボーイスカウトとか、海外留学とか、最近ではプログラミング教室とか、それこそレゴスクールとか、世の中には実にさまざまな、何らかの意味で子どもの能力を伸ばすことを目的とするしくみが用意されている。

しかし結局、世の中の親たちは自分の子どもをそういうところに通わせることで、最終的にどんな人になってほしいのだろう。

どんな人になってほしいから、そういうところに通わせるのだろう。

まぁこの理由は人によりけりだとは思うけど、親の想いとして想像できるのは、子どもの可能性を広げてあげたい、ということだろうか。

わかるような気はする。

だけど、子どもの可能性を広げるだけでいいんだろうか。

結局問われるのは、その広がった可能性、能力を何に使うのか、ということ。

そういう意味では例えば、東大を出て官僚になり、徹夜して議員の国会答弁を作る、とか、ちょっと違うんじゃないかという気はする(が、恐らく本人も相当な違和感を覚えているはずなので批難はしません)。

個人的には、もし自分に子どもがいたら、世の中に求められる人、もっと言えば、規模の大小は問わず世の中の課題を解決することに関心を持ち、そのために行動する人になってほしいかな。たぶんこの世はこれからどんどん生きていくのが難しくなる。地球環境的にも、人間関係的にも。そこで生きる人々が少しでも多く幸せを感じられるような社会にするためにはどうすればいいのか? そんなことに関心を持つ人になってほしい、かな。自分にもし子どもがいれば。

となると、課題を解決する力の前に、課題を設定する力、というのが求められるはず。

ここは結構大切な気がする。

世の中の課題に気づくかどうかというのは、その子どもの育った環境に依るのかもしれないし、依らないかもしれない。

要は、一番大事なのは、その子どもにそういうアンテナが立っているかどうかなのだろう。

アンテナさえ立っていれば、課題設定はできる気がする。

あとは、その子どもがそれまでに受けた教育で養った課題解決力を発揮すればいい。

ってことかな。

これを自分に当てはめて考えてみると、課題設定アンテナはわりと立っている気がする。小学生の頃から。解決したい世の中の課題が山のように、ある。だけど実際に課題を解決する力ははっきり言って弱い。とにかく自分は地頭が悪いし、コミュニケーション力も低い。ロジカルシンキングもまるでできないので。だから課題解決に向けた実運用部分は優秀な皆さんにお願いしたい次第。役割分担ですな。。


無題

昔から「いつかこどもの教育に関わる仕事をしたい」と思っていた。

その背景には、自分自身のこどもの頃の悲しい経験が強い動機としてある。

だけど実際に教育に関わるポジションになると、果たして自分は本当にそれにふさわしい人格を持ち合わせているのか?というところがものすごく気になってくる。

というのも、自分はこどもの頃から、学校の教師たちが、私から見て尊敬できる人格をまったく持ち合わせていないことにすごく不満を持っていた。なので余計にそうあらねばと感じるのかもしれない。

まぁ、いまからでも遅くはないはず。一歩ずつ、少しずつ、自分を変えていきたいと思う。


不謹慎な夢

不謹慎な夢を見た。

まったく、なんでこんな夢を見るのやら。

こんなこと考えたことなんて一度もないのに。

むしろ自分のスタンス的にはこの逆なのに。。

で、いったん目が覚めてそのあとにもう一度眠ったのだが、そこでまた、その夢の続きを見てしまった。

なんでわざわざこんな夢の続きまで。。

自分が嫌になる。

なにがこわいって、ときどき正夢を見るのでそれがこわい。

現実にならなければいいが。。


昔の友達

ふと小学校1年くらいの時に仲が良かった友達の名前を思い出したので検索してみた。

まったく出てこない。

Facebookにもいない。

まぁそんなものなのかな。。


grooveのオーナー、ガチャピンさん

沖縄にgroove(グルーヴ)というライブハウスがある。毎月、県外、海外から著名なミュージシャンが演奏しに来ている、ものすごいクオリティを維持し続けているライブハウスなのだけれど、そのオーナーがガチャピンさん。

ガチャピンさんはベースプレイヤーとしても、これまた県外、海外にしょっちゅう演奏しに行っている。ガチャピンさんとは15年くらい前から一緒に演奏させてもらっているのだけど、演奏力がほんとにハンパない。

。。なのだけど、ガチャピンさんの一番すごいところは、その発想の自由さ。人間社会の既成概念からここまで自由になれている人をほかに見たことがない。どういう環境で育ったのかな?とか、いろいろ気になる。


なんのために

今日クルマの中でラジオをかけていたら、高橋源一郎氏がこの本を紹介していた。曰く、「この文章からは、”人に評価されたい”といった作者の感情が全く伝わってこない。他人の目、他人の評価をまったく気にすることなく、ただただ自分の心に浮かんだ気持ちがそのまんま書かれている。そこが多くの人の心を打っているのでは?」とのこと。なるほど。

そう考えると、自分が音楽をやるという行為についてはどうだろう。もともとは、ただただ純粋にやりたいという理由だけで楽器を始めた(小学校の時のトランペット)わけで、そのときは「有名になりたい」とか「プロになりたい」みたいな感情は文字どおりまったくのゼロだった。

が、そのうち、中学に入ってエレキギターを始めた頃から「これを仕事にしたい」という強烈な感情が生まれ、そのあとはひたすら「プロになること」だけを考えて楽器を練習していた。もちろん楽器を弾いていないと気が済まないというか、とにかく弾き続けてないと気持ち悪い、みたいなのはもともとあるのだけれど、一方で「プロになる」=>「有名にならなければ」みたいな感情も当然あった。

そしてその後、実際に楽器を弾いてお金をもらうようになると、今度は「プロとしてどうあるべきか」みたいな感情が出てきたり、引き続き「有名にならなければ」みたいな感情も継続していた(いる)。そしてそこには当然、人からどう見られているか、という気持ちが付きまとう。

というか、そもそも表現活動で自立することを目指している人で、他人の目を気にしていない人っているんだろうか? 

でも実際この場合、人の目をまったく気にせずに表現している人が結果こうしてものすごく「有名」になっている。本も売れているようで、いまアマゾンでは在庫ゼロの状態。

でもまぁ、個人的には、売れる・売れない・とか、有名・無名とか、そろそろどうでもいいかなって気持ちにもなってきてる。その証拠に?前回の「月刊インプロ」からベースを弾かずに、電子楽器もやらずに、ヘタくそなドラムを叩き始めた。一緒に演奏させてもらうメンバーには申し訳ないと思いつつ、どうしても打楽器で自分を表現してみたいという欲求が抑えられず、トライを始めた次第。もともとドラムは小学生の時、トランペットの次に「やってみたい!!!」と心の底から思った楽器であり、あのときからあの感情をずーっと引きずっているので。。。たぶんこのままこのへたくそなドラムを続けていると確実にベースの仕事は減ると思うが、まぁこういうのもありかなと。

以下、へたくそなドラムがばっちり映像に残されている。


これからの時代の職業選択

昔、高校生の頃、自分が好きなこと(音楽)を仕事にしようとするとすぐに否定された。「これだけ楽器好きな人が世の中に溢れているのに、お前がプロになんかなれるわけがない」「手をケガして楽器を弾けなくなったらどうするんだ」等々、さんざん言われ。

まぁプロミュージシャンは特別難しい例かもしれないけど、サラリーマン以外の職に就こうとすると親の猛反対に遭う、というのはよくある光景だと思う。

が、思うに、これからの時代は逆で、迷わず「自分がいちばん好きなことを職業にすべき」だと思う。それがどれだけ困難に見える道であっても。

なぜなら、これからの時代は、好きじゃないことを仕事にしている人が生き残れるほど甘い時代じゃなくなる。逆の言い方をすると、「自分の仕事は別に嫌いじゃないんだけど、かといってそこまで好きというわけでもない」という中途半端な職業観で生活していける時代は近いうちに終わる(すでに終わっている?)。

なので、それがどんなに困難な道に見えたとしても、「自分が死ぬほど好きなこと」を仕事にできるように、アホかって言われるくらい努力しなければならない。努力する義務がある。自分のためにも、世の中のためにも。

これからの時代、好きでもないことを仕事にしてしまうと、自分も周囲も不幸になる。


ブログとFacebook

Facebookがポピュラーになってからというもの、ブログを書くのをやめてFacebookにしか書かなくなった人がたくさんいる。

例えば日本を代表するベースプレイヤーのOさん。以前はブログに興味深い話をたくさん書いていたのに、いまはFacebookでしか発信しなくなってしまった。しかも当たり障りのない内容ばっかり。。

Facebookってブログのようにしっかりした文章を書くのには全く向いていないのになぁ、、どうしてFacebookだけにしてしまったんだろう。すっごく残念。。


ホワイト餃子

きのうはバンド仲間でホワイト餃子大会。最高な時間を過ごしました。

ホワイト餃子の詳細はこちらのサイトで。
http://www.athome.co.jp/vox/series/life/69175/pages2/

ただし、ホワイト餃子のお店は沖縄にはないので、わざわざお取り寄せして堪能。