出演情報

安田陽の出演情報はこちらのページにまとめております。

【レビュー】YAMAHAのベース BB2025 と BBP35 を弾き比べ

某楽器店でヤマハのベース、BB2025BBP35を弾き比べてみた。

新旧フラッグシップモデル対決、である。

日本製のパッシブの5弦、という意味ではどちらも同じ。

使われている木材も、たぶん同じ。

ピックアップは違うようだ。

ボディ構造も、木の組み方がちょっと異なるようだ。

ボディのデザインは、BBP35のほうがスリムになっているらしい。

価格は、BB2025が定価350,000円。BBP35が定価230,000円。10万以上違う。

10万も安くなるなんて、逆にちょっとこわい。

で、肝心の音なんだけど、これまた全然違った。

BB2025は弾いてみて、音自体もそうだったけど、楽器全体からなんとも言えないぬくもりを感じた。なんだろうあれは。たんに何年も売れずに展示されてて弦が死んでたから、まぁるい音がしてた? いや、それもあるかもしれないけど、そうじゃない感じがした。なんだろうなー、「木で作られた楽器」っていう感じが強く伝わってきて、とにかく良いバイブレーション=「気」を受けた。 よく「楽器店に行ったらこのギターが”私を買って”って言ってたんだよ」なんて話があるが、そんな感じも受けた。

一方のBBP35。BB2025とはだいぶキャラクターが違う。音がとてもドライ。楽器店の人はジャズベっぽい音って言ってた。ジャズベっぽいPJ…中途半端だな…。もちろん往年のBB2000とも違う音(あれはフロントピックアップがリバースなので)。あと、ボディが小ぶりになったせいかどうかわからないけど、楽器を抱えたときにBB2025のようなバイブレーションを感じなかった。新品過ぎて木が全然鳴ってなかった? 原因はわからないけどまぁそんな感じで、楽器としては正直つまらなかった。

なんでBB2025を生産中止にしたのかなぁ…

あの楽器店の在庫BB2025、買っといたほうがいいかなぁ…

7月4日(水)は勢理客グルーヴで月刊インプロVol.59「弦楽器スペシャル」

7月4日(水)

「月刊インプロvol.59 弦楽器スペシャル」

場所:groove(浦添市勢理客 2-18-10 地下一階)
電話:(098)879-4977
前売り予約:groove@cosmos.ne.jp

出演:
野村健太[トロンバマリーナ]
安田陽[bass]
吉味繁治[guitar]
佐久本丈一[guitar]
マエカドコウジ[guitar]
嘉手川徹[guitar]
上地gacha一也[double-bass]

オープン:20時
スタート:21時
ミュージックチャージ:1,000円+ドリンクオーダー

沖縄でのインプロの聖地、勢理客「groove(グルーヴ)」

きのうは台風がほぼ直撃コースだったが、午後から良い天気となり、無事に「月刊インプロ Vol.58」が開催された。場所は沖縄県浦添市勢理客にあるライブハウス「groove(グルーヴ)」。

自分にとっては半年ぶりの参加だったのだが、わりと納得度の高い演奏ができたと思う。自分が演奏した楽器はコルグのmonotribeとエフェクター群、あとはピアノ。

6月16日(土)は勢理客Grooveにて月刊インプロ出演

月刊インプロvol.58

野村健太[トロンバマリーナ]
安田陽[bass]
TakaneEABL[モジュラーシンセ]
そんちょう[trumpet.sax]
田原幸浩[sax]
佐久本丈一[guitar]
タクロー[drums]
マエカドコウジ[guitar]
上地gacha一也[double-bass]

※前売り予約は groove@cosmos.ne.jp
オープン20:00
スタート21:00
ミュージックチャージ1,000円+ドリンクオーダー

2018年6月〜7月のライブ情報(5/26更新)

6月9日(土)

サザンバンド沖縄

場所:ライブハウスモッズ(沖縄県中頭郡北谷町美浜)
開場:19:00
開演:20:00
前売:¥2500
当日:¥3000

6月30日(土)

土曜日の島山信和 with Friendsで演奏します。

7月7日(土)

才能

自分のような中途半端な才能しか持ち合わせていない人間は人前に出てはいけないのではないか? という考えがこのところ頭の中を高速でぐるぐるしており、その勢いはしばらく止まりそうにない。

そもそも、才能というより、ただ自分勝手に好きなだけ、ではないのか?

たぶんこれ↑が正解だ。

でもって、その才能のなさを補うだけの努力をしたのかというと、そういうことも全くやったことがない。ただ自分勝手に好きなだけなので。

この先どーするかな。

レゲエのレコーディング

たぶんレゲエをレコーディングしたのは生まれて初めて。

スタジオで借りた、アンペグの真空管アンプ。持って行ったVanzandtのジャズベとすごく相性が良かった。

東京から沖縄に演奏しに来るカスアーティスト、カスミュージシャンたちの話

表題の件。

自分も以前実際に経験したんだけど、最近もひどい話を聞いたので敢えてタイトルにこう書いた。

その道では東京で、というか全国的に有名なアーティスト、ミュージシャンが沖縄にライブをしに来て、コアメンバー以外のパートは沖縄のミュージシャンで固める、ということが時々ある。例えば、歌手がひとりで沖縄に来て、バンドは全部沖縄のミュージシャンを揃えるとか、ソロアーティストとして活動中のミュージシャンがひとりで来て、その人以外のパートは沖縄のミュージシャンに頼むとか、そんな感じ。

自分もたまにこういう形で声がかかるのだけど、こういうときに彼ら、なぜかサポートをお願いした沖縄のミュージシャンたちより優位に立とうとすることが多い。

で、サウンドで沖縄のミュージシャンたちからリスペクトされる形に持っていくのならいいけど、なんと、言葉や態度で威圧する人たちがいる。

彼らをサポートする沖縄のミュージシャンからすると、それなりに名前が売れてる人たち(場合によっては年齢差もかなりあるので大先輩だったりする)なので、ただでさえこちらは萎縮気味。

なところに、思い切り言葉で威圧したり(具体的な発言内容を書くと誰のことを言わんとしているのかバレるので書かないが、相当残念な内容)、ライブ当日の本番直前にしか打ち合わせ時間がないのにわざと難しい曲を持ってきたり、こちらに要求する内容が気分で180度変わったり、と文字通りやりたい放題。

この人たちはいったい何のために音楽やってるのかなぁ…?

お客さまたちに良い音を聴かせたいないなら、まずはバンドメンバーどうしの信頼関係を築くことが一番大切なんですけど?

仮にいくら技術的にものすごいミュージシャンが集まっても、メンバーの間に不信感がある状態で良い音など絶対に出ない。

だから彼らの威圧的な態度って結局、私たちが一番大切にすべき、良い音を聴きたいとお金を払って観に来てくれている「お客さま」たちを完全に裏切ってる。

沖縄のミュージシャンは君らのような考えでは音楽やってませんので、そこのところご理解よろしくお願いいたします。

ちなみに、東京のミュージシャンが出す音と、沖縄のミュージシャンが出す音はかなり違う。だから沖縄のミュージシャンに東京の音を求めてもぜったい無理だし、逆に東京のミュージシャンにも沖縄の音は出せない。これって別に自然なことなので、どっちがいいっていう話ではない。

なので、東京の音を沖縄で再現したいのなら東京のバンドメンバーを連れてくればいいだけの話。彼らは結局、サポートミュージシャンを現地調達して出費をケチりたいだけ。

いろいろ書きましたが、こういうしょーもない人たちにはホント沖縄に来てほしくないですね。

山田鳥夫のライブのダイジェスト映像

那覇のライブハウス「バンターハウス」のオーナー、友利さんがわざわざ作ってくれました。

山田鳥夫、これでやっと映像でご覧頂けるようになりました。

12月2日(土)にHANK西山さんの前座で演奏させてもらったときのものです。

私は髪を切ったばかりで、超短髪です。

クリスマスイヴライヴ at ガンガラーの谷 ケイブカフェ

毎年思う。

日本のほとんどのこどもたちって

クリスマスが何の日か、知らないよねたぶん。

実は親もよく分かってない、なんていうことも充分あり得そうだ…。

という話はさておき、今年のクリスマスイヴはちょっと変わったシチュエーションで演奏させてもらった。

ライブ詳細はこちら。
http://www.gangala.com/caverestaurant/

一番奥がステージ。鍾乳洞ということで、どんな音環境になるんだろうと心配してたんだけど、変な反響とかは一切なくてすごくやりやすかった。上からぶら下がってるつららみたいなのがうまい具合に吸収してくれてるんだと思う。

ちなみに今回もベースはヤマハSB500Sを使った。アンプは自分のローランドDB-500を持って行った。


サウンドチェック前の準備中。

あと、ここは2万年前に生きていた人類の祖先の骨とかが見つかっている場所。このあたりに関してオーナーからとても興味深い話を聞いたのだけど、オモテに出てないみたいなのでここでは書かないでおこうと思う。

まぁこれだけの場所なので、過去いろんな歴史があったあろうことは想像に難くない。

この日はほかにもいろいろなことがあり、なんか不思議なクリスマスイヴだった。