ベース個人レッスン

出張個人レッスンをやっています。詳しいことはこちらのページでご確認ください。

ライブ情報

安田陽が出演するライブの情報はこちらのページにまとめております。
2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

名著発見「作曲少女 平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話」

自分の音楽人生を振り返って思うのは、これまでベースを練習するために充てた時間の半分くらいは作曲する時間に充てれば良かったなと。作曲できるかできないかで音楽家の人生は相当変わるはず。それに、ジャズとかやらない限り、ベースって別にものすごいテクニックが要求されるわけでもないし。だから、そこまで時間をかけてベースの練習ばかりやるよりは作曲をどんどんやったほうが、結果的にその人の音楽人生に広がりをもたらすだろうと。

。。で、最近訳あって作曲法について書かれている良い本を探していたのだけど、その中ですごいのを見つけた。今日ジュンク堂で見つけて買ってきたのでまだ3分に1くらいしか読んでいないけど、あまりに素晴らしいのでさっそく紹介。

曲を作れるようになりたい高校2年生の女の子が、すでにプロの作曲家として活動しているクラスメイトに14日間で作曲を習う小説(ライトノベル)。楽譜や理論などは一切出てこない。ひたすらこの二人の高校生をめぐるストーリーが文字(+たまにこの表紙のようなイラスト)で続く。

。。が、作曲できるようになる方法だけでなく、クリエイターとしての在り方、気持ちの持ちよう、のようなところまで含めて、とても示唆に富んだ奥深い本に仕上がっている。「努力は夢中に勝てない」など名言も多数。この本に高校生の頃出会っていたら自分の音楽人生は相当変わったんじゃないだろうか。

超お勧め「もっとドラムがうまくなる7つの最強プログラム」

楽器を通していかに音楽と対峙するかっていう最重要テーマを、文字(カジュアルですごく読みやすい)とマンガ(深い・・・)、CD、そしてポンタさんなど第一線で活躍するミュージシャンへのインタビューなどから解き明かしていく。

プロを目指すみなさん(特にドラマー)に超お勧めの一冊。

もっとドラムがうまくなる7つの最強プログラム
drums7

謹賀新年

そろそろ今年あたりからはやることを絞りたいと思っております。

目指せ脱・器用貧乏。得意なことに一点集中なのだ。。

あと、今年は馬鹿みたいに本を読もうと思っております。

とりあえず元旦にこの本を読みました。

これは良い本。

お勧めの英語参考書

00250420-203755.jpg

ずっとアメリカで仕事をしている日本人の人が勧めていた英語文法の参考書。確かに基礎が網羅されている感じはする。文法知らないとコミュニケーションにもすぐ限界来るしね。長文の内容がちょっと幼稚だけどまあいいか。。

そうなんだけど、、

00250420-203021.jpg

この本に書かれていることは全く正しいと思う。ただ、いったいどれだけの日本人が実現できるかな、という疑問は拭えない。。というか、そもそも自分自身がこれを実現できるイメージが持てないというのが本音。キツイ。

本の紹介「ミュージシャンのためのセルフマネージメント・バイブル 自分を作る・売る・守る!」

以下のサイトに簡単な本の紹介を書きました。

全ミュージシャン必読「ミュージシャンのためのセルフマネージメント・バイブル 自分を作る・売る・守る!」

アルテス

面白い雑誌みつけた@青山ブックセンター。

00240520-214649.jpg

旅行人 No.165

ついに休刊か。。

面白かったのは、読者投稿欄のみなさんの年齢。70歳台が3人もいた。一番若い人で28歳、そのほかは40代が多い感じ。まさに私くらいのバックパッカー(貧乏旅行)世代の人たちなのでしょう。

00240223-000915.jpg

ムーンショットデザイン幸福論

きょう買ってきた本。心の師匠。

00240211-234733.jpg

実はデザインには子どもの頃から非常に強い興味を持っている。ただ、この本の内容はデザインだけに留まらない。国際人としてどうあるべきかというところがとても参考になった。

HTML5スマートフォンWebアプリ制作

いま読んでる本。IT系のお仕事です。

00240211-234246.jpg