出演情報

安田陽の出演情報はこちらのページにまとめております。

新品同様の YAMAHAベース BB-800 購入しました

こないだ「A」ランクの YAMAHA BB-800 をたまたまネットで見つけて、速攻で購入。
専用ハードケース付きにも関わらずメチャクチャ安かった。

シリアルナンバーは2141。調べてみたら、ちょうど40年前の1978年製。
ボディーはアルダーのはずなんだけど、かなり重い。
ホントにアルダーかなこれ???

で、照屋楽器でネックの調整をしてもらい、さらに自分で弦高を下げ、ピックアップの
高さ調整をしたらバッチリなコンディションに。


全体。このモデルには黒もあるけど、この茶色がお気に入り。


ヘッド。木の模様がなんかすごい。
ペグも新品同様でめちゃくちゃスムーズに回る。
新品はこんなに気持ち良く回っていたのかと感動しっぱなし。


ピックアップ。Pタイプひとつでブリブリ。


ブリッジ。BB-2000と同じもの。ガッチリ感がすごい。

このBB-800の音は基本的にプレシジョンベース系。
ブリブリ感満載。

BB-2000やBB-1200はスルーネックだからか、
わりと上品な音がするんだけど、
このBB-800はボルトオンネックのせいか、暴れ系。
パンチが効いた、とても自分好みの音がする。
これからロック、ブルース、ソウル系はぜんぶこれ使おうかな?

ちなみに上位機種のBB-1200はこんな感じ。
これはこれでとても美しく、存在感がある。

【レビュー】YAMAHAのベース BB2025 と BBP35 を弾き比べ

某楽器店でヤマハのベース、BB2025BBP35を弾き比べてみた。

新旧フラッグシップモデル対決、である。

日本製のパッシブの5弦、という意味ではどちらも同じ。

使われている木材も、たぶん同じ。

ピックアップは違うようだ。

ボディ構造も、木の組み方がちょっと異なるようだ。

ボディのデザインは、BBP35のほうがスリムになっているらしい。

価格は、BB2025が定価350,000円。BBP35が定価230,000円。10万以上違う。

10万も安くなるなんて、逆にちょっとこわい。

で、肝心の音なんだけど、これまた全然違った。

BB2025は弾いてみて、音自体もそうだったけど、楽器全体からなんとも言えないぬくもりを感じた。なんだろうあれは。たんに何年も売れずに展示されてて弦が死んでたから、まぁるい音がしてた? いや、それもあるかもしれないけど、そうじゃない感じがした。なんだろうなー、「木で作られた楽器」っていう感じが強く伝わってきて、とにかく良いバイブレーション=「気」を受けた。 よく「楽器店に行ったらこのギターが”私を買って”って言ってたんだよ」なんて話があるが、そんな感じも受けた。

一方のBBP35。BB2025とはだいぶキャラクターが違う。音がとてもドライ。楽器店の人はジャズベっぽい音って言ってた。ジャズベっぽいPJ…中途半端だな…。もちろん往年のBB2000とも違う音(あれはフロントピックアップがリバースなので)。あと、ボディが小ぶりになったせいかどうかわからないけど、楽器を抱えたときにBB2025のようなバイブレーションを感じなかった。新品過ぎて木が全然鳴ってなかった? 原因はわからないけどまぁそんな感じで、楽器としては正直つまらなかった。

なんでBB2025を生産中止にしたのかなぁ…

あの楽器店の在庫BB2025、買っといたほうがいいかなぁ…

YAMAHAのベース SB500S 中古相場について

わたくし、こんなページを作るほど心底YAMAHA SB500Sが好きなので、ときどき意味もなくGoogleで検索したりしてるです。

そしたら、石橋楽器のサイトでYAMAHA SB500Sが47,800円で売られているのを発見。。

当時の定価が5万だったんだけど。。

ま、でもこのベースはお勧めですマジメに。

最近の5万くらいの新品ベースとか、ほんっっっとにショボイので。

ヤマハSB500Sのこのガシッとした感じ、そして持ったときの重量感は、最近の5万クラスのベースには到底望めません。

とりあえず5万とかのベースを新品で買うのは絶対やめましょう。

YAMAHA SBシリーズの中古をお探しの方はこちらのリンクからデジマートにどうぞ

YAMAHAベース SB1200S:エボニー指板+真っ黒モデルについて

2ヶ月ほど前、Webで「YAMAHA SB1200S」のカタログ外モデルが販売されているのを偶然見つけ、速攻で購入した。もちろん中古。1978年頃に生産されたものと思われる。

YAMAHA SB1200S:エボニー指板+ブラックカラー

sb1200s

Webでベースは買わない、と決めていたのだが、昔から探していたSB1200S、しかもスーパーレアモデルということでどうにも止められず即購入。セール対象になっていて、6万円台で買うことができた。黒地に金の「SuperBass1200S」がカッコイイ。

YAMAHA SB1200Sのカタログ

SB1200Sの当時のカタログは以下。今回購入した「エボニー指板+ブラックカラー」というモデルはない。

YamahaSB

SB1200Sの音

録音してみた。8小節ごとに、フロントピックアップ → リアピックアップ → ミックスでスラップ、で弾いている。

印象としたは「カタイ」の一言。トーンは絞ったほうが良さそう。

実際に持ってみての感想

この黒いSB1200Sを実際に担いでみると、BB2000よりも重く感じる。カタログ値では100グラムだけ重いということになっているが、その程度だろうか? BB2000よりもだいぶずっしりくる気がする。ただ、ボディ側とネック側の重量バランスがとても良い。担いだときに、自分の身体にとてもしっくりくる。

音はアッシュボディのジャズベース系。特にスラップだと「パキーン」とくる。メイプル+マホガニー+ナトーという固い木の組み合わせでできているせいだろう。

ネックを握った感じはBB2000ともBB1200とも違う。かといってジャズベースのように細いかというと、そういうわけでは全くない。それなりに太さも厚みもある。

あと、BB2000よりも弦のテンションが高いように感じる。これは構造上というか、わざとそうなるように設計されている気がする。この件については別途、計測値も含めてレポートしたい。

それからこの楽器、ヤマハのギターやベースによく見られるらしいが、ボディ+ネック全体の塗装が白濁している。さらに、前の持ち主はいったいどんな扱い方をしていたのかと疑うほど、傷もかなりひどい。が、指板は奇跡的にほぼ無傷のきれいな状態。あと、ブリッジもなぜかやたらピカピカ。購入後、照屋楽器でネック調整(フレットすりあわせ含む)してもらい、いい感じになって戻ってきた。

ということで、これでヤマハの3大スルーネックベースがうちに揃ったことになる。つまり、BB2000、BB1200、そしてSB1200S。至福としか言いようがない。。大切に使わせてもらおう。

余談:黒いBB2000のこと

実は自分、大学時代に黒いBB2000を持っていた。Webで探しても全く同じものの画像が出てこないのだが、ボディからヘッドまで真っ黒の、カタログには載っていないBB2000。これをヤマハ渋谷店の店員に見せたところ、「塗装はヤマハのグランドピアノと同じもの」と言っていたのを覚えている。ということは、このSB1200Sの塗装もグランドピアノと同じものなのだろうか? いや、それにしては白濁がすごいので、たぶん違う、、と思ったのだが、調べたところピアノにも白濁という現象は起こるらしい。いつかヤマハの人に真実を聞いてみたい。。

YAMAHA(ヤマハ) ベース SB-500S トラ目仕様

きのう久しぶりに「YAMAHA SB-500S」をリハで使ったので写真を撮ってきました。

IMG_5959-3

世にも珍しいSBのトラ目(?)仕様。他のYAMAHA SBシリーズでは、このような木目の個体は見たことがないです。

このベースの詳細(音色を含む)は以下のページをご覧下さい。

YAMAHA(ヤマハ) SB500S 大研究

ちなみに音は、ガッツガッツのブリブリ、めちゃ太い音がします。
そのぶん、ネックもめちゃくちゃ太くて、弦高も高いです。
なので、弾くのにすごく体力がいりますが、
しっかり弾けばちゃんと応えてくれる、とてもかわいい楽器です。

今度の金曜日のMODSライブで使おうかと思ってます。

■1月22日(金) The 3rd Okinawan Blues & Soul Revue!
入場料:3,000円(泡盛・ソフトドリンク飲み放題。ビール・カクテルは別途料金になります。)
開場18時、開演19時
出演バンド:以下のとおり(自分は上有安〜で出演)
★Kiyotaka/Yassy/Narly Trio
★上有安勝次郎
★Acoustic M
★Ascension
★Flying Funky Birds