出演情報

安田陽の出演情報はこちらのページにまとめております。

アーカイブ

心の師匠、ロミー・木下さん(ベースプレイヤー)

そろそろイイ加減イイ歳なのですが、

いいベースを弾けるようになりたい、と

いまでも毎日のように思っております。

で、先月東京に行った際、勉強にと3日連続で有名ベースプレイヤーの皆さんが出演するライブを観てきました。

一日目はロミー・木下さん。
二日目はバカボン鈴木さん。
三日目は森田悠介さん。

いうまでもなく皆さんものすごい実力をお持ちなのですが、個人的に一番衝撃を受けたのはロミー・木下さんであります。

ロミー・木下さんと言えば、日本のエレキベース界のレジェンド中のレジェンドなわけですが、

レンジの広い音色、ものすごいダイナミクス、独特のグルーヴ、

全部まるごと真似したい。

ライブで楽譜を見ながら演奏するときに少しでもミスをなくす方法

ちょっと疲れているので気分転換になにか書いてみる。

さて。

アメリカでの活動が長かった某日本人有名ミュージシャン氏いわく「日本人はライブで楽譜を見すぎ。アメリカ人はみんな相当の努力して楽譜を覚えている。」とのこと。

確かに、アメリカ人ミュージシャンのライブ映像を観ていると、譜面台はあまり立っていない気がする。

でも、個人的な体験から言うと、アメリカ人ミュージシャンってそもそも楽譜を読めない人も多い気がする。

自分の周りだけかな?

そしてよくあるのが、大枠は曲を覚えてるんだけど、細部まで正確には覚えていないため、やるたびに毎回違う進行になったりして「きちっと感」が出ない、とか。。

曖昧さが残ってしまうのであれば、譜面みたほうがいいと思うんだけどな、、。

ただ、ライブで譜面を見て演奏しているにも関わらず間違える、というひどいミュージシャンもいる。

それはまさに私。。(泣)

なんで間違うのか、自分でもわからない。

スタジオリハではほとんどミスしないのに。

集中力の問題だろうか?

まぁステージ上はスタジオリハとは異なる要素が数多くあるので、

簡単に解決できる問題では無いのかもしれない。

ただ、最近わかったコツがひとつある。

譜面を見ながら演奏する時に間違わないコツ。

それは、もらった譜面を全部自分で書き直すこと。

だいたいの場合、譜面は依頼主から届く。

つまり、依頼主が書いた譜面。

ただ、これが自分には読みづらいことがけっこうある。

そして、ほとんどの人はその読みづらい譜面をそのまま本番でも使う。

これがミスを引き起こす。

そもそもミスをなくすためには演奏時のストレスをギリギリまで減らす準備が必要。

その意味で、読みづらい譜面を本番でも使うというのは相当リスキーな行為と言える。

なので、もらった譜面は全部自分で書き直すべし。

なお、この方法は、沖縄の某有名バンドでキーボードを担当する友人もやっているとのこと。

楽譜を見ているのに演奏をミスってしまう人の参考になれば幸いです。

出演情報:11月29日(金)「ザ・プレミアムナイトライブ」

出演報告:10月14日(月)イクマあきらさん@那覇祭りオリオンビアパラダイス

10月はあちこちで演奏させてもらったんですが、10月14日(月・祝)には那覇祭りオリオンビアパラダイスに出演させて頂きました。
イクマあきらさんのバックです。全国でブレイクしているイクマさんの楽曲「ダイナミック琉球」もファンクバージョンで披露。
途中ベースソロパートもあり、スラップソロをバキンバキンとお届けしました。

大きなイベントでしたが、事故もなく無事に終えられて良かったです。
ご来場頂いた皆さま、そして関係者の皆さま、ありがとうございました。おつかれさまでした。

2019年7月の出演スケジュール

7月5日(金):親子ジャズ at 道の駅ぎのざ

詳しくは親子ジャズのホームページをご覧下さい。

7月28日(日):第36回 うんなまつり

開催日時:2019年7月27日(土)・7月28日(日)/10:00 – 21:10
会 場:恩納村コミュニティーセンター(コミュニティー広場) 恩納村字恩納419-3
臨時駐車場:赤間総合運動公園(恩納村字恩納7441)・瀬良垣漁港
*各臨時駐車場からまつり会場までシャトルバスが運行します。
https://www.onnanavi.com/event/3831/

● jimamaの出演は7月28日(日)、19:00~(30mins)予定
Vo:jimama
A.Gt+Cho:古堅 圭一
E.B:安田 陽

無題

チャレンジングな仕事を頂いた。

というか、チャレンジするかどうかは自分次第なのだが、

せっかくなのでやってみようと思う。

うまくいけば前代未聞の演奏になる。

イベント詳細は改めて。

楽器演奏の「効果」

自分は楽器演奏とはあくまでも純粋な芸術活動だと考えている。

考えている、というか、自分はそのつもりでやっている。

なので、楽器を演奏するという行為に即物的な目的を重ね合わせるのは好きではない。

即物的な、というのは、例えば「ボケ防止に楽器演奏が効く」の類い。

まぁ実際に効くのかもしれないし、きっかけはともかく、音楽を愛する人が増えるのだから別にとやかく言うものでもないのかもしれないが。。

なお、そのように楽器演奏に「効果」を求めるとするなら、いま日本社会の大きな課題となっているいわゆる「引きこもり対策」において、楽器演奏は絶大な威力を発揮するのではないかと思っている。

どういうことかというと、楽器というのはなぜか、やっていくうちに誰かと一緒に演奏したくなるものなのである。特にベースやドラムのような、家でひとりで弾いていても面白くもなんともない楽器ほど、ほかの人と合わせたくなるだろう。

そういう地味なパートでなくとも、ある程度真剣に楽器を練習していれば、同じパートのほかの人の演奏を聴いたり情報交換したくなったり、また、自分の演奏も人に聴かせたくなったりと、なんだかんだで外に出て行かざるを得なくなる。

そしてまた、本人に演奏力があればあるほど、いろんな人から一緒にやってほしいと声をかけられるようになり、いつの間にか人間関係でがんじがらめになりつつも社会のあちこちに自分の居場所ができているのである。

なお、演奏技術を習得するにはオタク的に籠もれるパーソナリティも間違いなく必要である。籠もれなければ、決して上達はしない。

さらに言えば、楽器演奏は知力と体力の両方を高レベルで要求される、非常にハードな行為である。

大きなステージともなれば、4キロほどある楽器(ベースの場合)を3時間かつぎ、しかもほとんど休むことなく譜面とにらめっこしながら手先を激しく動かすことになる。

フツーはこんなに面倒なことをやろうと思う人はいないだろう。

だが、一度その魔力に取り憑かれてしまうと一生そこから抜け出せない、のが楽器演奏の不思議なところである。

一生、と書いたが、これは大げさでもなんでもない。

なお、この楽器演奏の強力な魔力、じゃなくて面白さを、今まで楽器を触ったことのないこどもたちが少しだけ体験できるのが、私がやっている親子ジャズというイベント。

効果はさておき、こどもたちに楽器演奏の面白さを体感させてみたいお父さんお母さんには、ぜひ家族での参加をご検討頂けたらと思います。次回は7月6日(土)朝10時30分から12時まで、宜野座の道の駅で開催します。くわしくはこちらからどうぞ!

YAMAHAのベース「SB500」の考察

ヤマハのベース「SB500」。

1976年〜1979年まで作られていたらしい。

当時のヤマハはフェンダーのPB、JBに対抗できる製品を生み出そうとBB、SBシリーズを開発していたものと思われるが、どちらもフェンダーにはない音色の特徴があって面白い。

自分はいまSBシリーズに関しては

・SB1200S(限定色のブラック)
SB500S(ただし今はこのネックを外してBB800に付けている)
・SB500(以下の写真)

の3本を所有しているが、このSB500の最大の特徴はものすごく太いネック。SB500Sより太い。だが、それが演奏性に支障をきたしているかと言えばそんなことは全くない。そしてこの太さがそのまま音に現れていると思う。弾くとボディとネックが一体となって共振する。そしてとにかく音に芯があり、またフロントとリアをフルにしてスラップ(プル)すると、フェンダーJBにはない甘いトーンに。それが特徴的で良い。

自分はSB500SよりSB500が好きだ。このルックスも気に入っている。ブラウン色も良いし、ヘッドの形状とピックガードがなんとも昭和で、いま見ると逆にオシャレである。

そしてこのベースが当時SBシリーズの最廉価モデルとして定価5万円(販売価格は恐らく4.2万円)で売られていたという衝撃。。なので、いまベースを買うなら新品を何十万も出して買うのではなく、この時代のモデルを中古で探すほうがずっと良いと個人的には思う。

yamaha-sb500

ライブハウスJET 25周年記念ライブ

沖縄、コザ。カデナ基地のGate 2からまっすぐ伸びるゲート通りにあるライブハウス「JET」。

今年25周年を迎えたとのことで、6月1日(土)にミュージックタウン音市場で記念ライブが行われました。

スティーリーダンからHighway Star、Burn、オリジナル曲、邦楽と洋楽のミックス(^^)、アコースティックJETまで、演奏力と企画力で惹きつけられっぱなしでした。打ち上げではTakashiさんに1970年頃のコザの話を聞かせて頂き興味津々…

また、当日は私が参加しているShota Bandが前座で演奏させて頂きました。

JETのみなさん、25周年本当におめでとうございます。

2019年6月の出演予定

2019年6月1日(土)

<イベント名>
「LIVE MUSIC BAR JET 25th Anniversary LIVE!」
出演:JET/ショータバンド(私はショータバンドで演奏します)
場所:ミュージックタウン音市場(3Fホール)
開場:17:30 開演18:30
料金:前売¥2,500 ※消費税込み ※当日は¥500UP
問合:ミュージックタウン音市場 tel. 098-932-1949
プレイガイド:イープラス(ファミリーマート)/ローソンチケット(Lコード:82670)/普久原楽器/照屋楽器店/ミュージックタウン音市場

2019年6月8日(土)

<イベント名>
サザンバンド沖縄 presents
「夏サザン ”ヴィンテージ” 〜昭和珠玉大全集〜」

恒例の夏ライブ@北谷モッズの開催が決まりました。テーマは「ヴィンテージ」。
新元号もなんのその、サザンの名曲が揃う昭和時代にスポットを当てた
ヴィンテージフィール満載のライブをお届けします。ご期待ください♪♪♪

場所:ライブハウスモッズ(沖縄県中頭郡北谷町)
開場19:00
開演20:00

前売¥2,500
当日¥3,000

ご予約・お問い合わせは
ライブハウスモッズ TEL : 098-936-5708
沖縄県中頭郡北谷町美浜9-1 デポアイランドビル2F

2019年6月13日(木)

「黒やぎ白やぎ・沖縄ツアー」
黒やぎ白やぎ
坂出雅海[bass,laptop,others]fromヒカシュー
佐藤正治[drums,wave-drum,others]fromヒカシュー
ヒカシューのリズム隊、坂出雅海(ベース)、佐藤正治(ドラム)のユニット「黒やぎ白やぎ」が沖縄に初上陸!
坂出の独特なグルーブを生む野太いベース、佐藤のスピード感溢れる豊なドラムが絶妙に混じり合う、即興の世界。長年培われた様々な音を、自由自在に使いこなし、オルタナティヴな世界へ聴く者をどんどん引きずり込んでゆく…。リズム隊だからこそ生まれる、スリリングな「黒やぎ白やぎワールド」是非、生で体感して下さい。

Quad Code
石原守次郎[Gutar]
古堅圭一[Guitar]
田場龍之介[Drums]
安田陽[Bass]
田場龍之介が叩き出すファンクグルーヴに、ブルース/ジャズの石原守次郎、ヘヴィメタルの古堅圭一、インプロの安田陽をインクルード。安田陽と石原守次郎のオリジナルを中心に、旋律と即興が渾然一体となったQuad Codeでしか聴けないサウンドをお届けします。

MA
のの。コバイア[guitar.piano.drums.voice]
滝川有人[trumpet.voice]
上地gacha一也[bass.drums.voice]
即興音楽が好きで好きでたまらない3人が集まったバンド。あっちへ行ったりこっちへ来たり…

※前売り予約はこちらまで! groove@cosmos.ne.jp
オープン20:00
スタート21:00
前売2,000円+ドリンクオーダー
当日2,500円+ドリンクオーダー

2019年6月14日(金)

出演アーティスト:Okinawa Americana
場所:Live Bar Jikuu
沖縄県那覇市若狭2-2-12 ビクトリーホテル B1
電話098-943-1739

Open 18:30
Start 19:30
Charge 2,000yen Drink 別

メンバー
三線:MERRY
ギター:David Ralston
Bass: 安田陽
Drums: 滑川博生

2019年6月15日(土)

出演アーティスト:Okinawa Americana
場所:オクマ
(詳細は追ってご案内しますが、基地の中かもしれません)