出演情報

安田陽の出演情報はこちらのページにまとめております。

ミュージシャンになりたいという我が子への対応

鴻上尚史さんのこのコラムは面白かった。

「高橋一生が『長年の下積み』の末にブレイク」に鴻上尚史が怒り 俳優志望の息子に悩む父親に贈った言葉とは

自分の場合、音楽の道でプロになろうと決めたのは中学生のとき。

そして進路のことで本格的に親とぶつかったのは高校3年のとき。

どうやればプロになれるかなどわからなかったけど、その当時の限られた知力と情報量を自分なりに駆使して立てた作戦は「東京の音楽の専門学校に行って、そこでコネを作って音楽業界に入り込もう」というもの。結局音楽学校には行けなかったのでそれが有効な作戦だったかどうかは検証できなかったけど、友人のギタリストSさんはまさにその方法でプロになり、業界のど真ん中でバリバリに活躍されていたわけなので、あながちハズレでもなかったんじゃないかな?とは思う。

で、結局「プロを目指してる人が世の中にどれだけたくさんいると思ってるんだ!」とか「ケガして楽器弾けなくなったらどうするんだ!」とか「何が何でも大学だけは行け!」という親(特にサラリーマンの父親)に無理やり押し切られ、考えたあげく音楽サークルができるだけたくさんある大学を東京周辺で探すことにした。そしてひとつだけ、滑り止めの滑り止めで受けた大学にかろうじて引っかかり、浪人は絶対に嫌だったのでそこに入学した。

そして、大学卒業後はバブルだったので楽器メーカーにいったん就職するものの、やはり音楽に専念したくて2年で辞めた。25の時。

。。そんな感じだったのだけど、プロでやりたいという想いを誰かに応援してもらった記憶はまったくなく、また、親に楽器を買ってもらったことも過去一度もない。

当時は反対され続けてホントに嫌な気分だったけど、いまから考えると、あれだけ反対されたからこそ、より芯が強くなったのかな? まぁ、親がそこまで考えて反対してたのかは疑問だけど。。

そんな中、自分の心の支えになってくれた本があった。

ザ・スパイダースのギタリストでもあった井上堯之さんが著した「ミュージシャンをめざすキミへ」という本(絶版、現在入手はかなり困難な模様)である。

この本には「ミュージシャンというのは、目指すべき価値が十二分にある、本当に素晴らしい職業だ」と書かれていたと記憶している。

10代〜20代半ばのアマチュア時期の自分を応援してくれたのはこの本だけ。

井上堯之さんは昨年の5月にお亡くなりになったのだけど、そういう意味で自分の人生をまさに支えてくれた人だった。井上堯之さんには感謝してもしきれない。。

ちなみに、鴻上さんが上のコラムで

僕は、「俳優になろうと思うんです」と言われると、「やめた方がいい」と答えます。それでへこんでしまうような人は、そもそも、俳優を目指すエネルギーも続ける気迫もないと思っているからです。

これはそんな気がする。俳優とかミュージシャンとかっていう、なり方もわからなければ、なったあと継続できる保証もない仕事。。目指しているあいだは不安に押しつぶされそうになると思うけど、それに負けるわけにはいかない。そこで負けたらすべてが終わってしまう。。。本気でプロを目指しているアマチュアの期間というのは、将来が見えない強烈な不安と向き合いながらも前に進もうとする大きなエネルギー、強いメンタリティがあるかどうかを試されているのだと思う。

ということで、子どもに「俳優やミュージシャンを目指す」と言われたときの親の対処方法は、、、冒頭の鴻上さんのテキストにすべて書かれているので、ぜひ参考にしてください。

でもひとつ確実に言えることは、人の人生なんてひとりひとり全員違うわけで、、、ホント、どうなるかなんて、やってみなきゃ誰にも分からない。これは真理。

一見うまく行ってなさそうでも、5年後に、かつてヒマだった時期にやってた練習の成果を発揮できるチャンスにいきなり遭遇したりとか、こういうことって実際しょっちゅうあるし、そういう話もよく聞く。人間万事塞翁が馬。なので、あきらめることなく、おごることもなく、その時その時でベストを尽くしつつ、目標に向かって淡々とやっていれば、おのずと結果に繋がるんじゃないかな。

実にありきたりな結論になってしまった。

1月19日(土)「サザンバンド沖縄」@ライブハウスモッズ、ソールドアウトとなりました

夏と冬に毎年行っていますサザンバンド沖縄のライブハウスモッズ公演、今回もソールドアウトとなりました。ご予約頂いた皆さま、ありがとうございました!

土岐英史さんと土岐麻子さん

なんかいいんだよな〜、この映像。。。

お客さんの掛け声も、お父さんのサックスの音色も最高。

で、曲に入り損ねる麻子さんが、会場の空気をさらに柔らかくしている。

2015年、神戸新開地音楽祭での様子。

沖縄でもこのくらいの規模の音楽祭があると盛り上がりそう。
でもまぁ台風のリスクが尋常じゃないから難しいか。

エレキベースでの表現力を飛躍的に高める弾き方

ライブが続くと食生活がハチャメチャになる…まぁ仕方ないけど…

さて。自分がいまさら言うほどのことでもないんだけど、改めて思ったので一応。

いま、エレキベースの弾き方は2フィンガーが主流だと思うんだけど、

表現力を高めたいなら、ぜひとも早めに親指で弾く方法をマスターすべし。メリットがとても多いので。

・強弱をつけやすい。
・2フィンガーより音が太くなる(たぶん)。
・ダウンピッキングなので感覚的に自然(2フィンガーと違って、地球の引力に逆らわない感じがすごく自然)。

で、さらにブリッジでのミュートと組み合わせると最強。

・音色をより幅広くコントロールできる(ウッドベースっぽい音にするとか)。
・音の減衰時間を自在にコントロールできる。

また、親指で弾くと2フィンガーとは異なり楽器を抱きかかえるようなフォームになり、楽器との一体感が増す(自分の場合)。

慣れれば結構早いスピードで弾けるようになるし、これだけのメリットがあるので、ベース初心者の人もナルハヤでマスターしたほうがいいと思う。

以上。

「親子ジャズ Vol.4」2019年2月2日(土)に開催します

2016年にスタートした親子ジャズを来年から再開します。

若手メンバーを加えた新生★親子ジャズ、詳しくはこちらの親子ジャズホームページをご覧下さい。先着40名様で満席となりますので、お早めのご予約をお願いいたします。

2018年12月出演情報

12月15日(土):jimama

日程:12月15日(土)
時間:16:30開演/18:00~18:30終演予定
会場:大宜味村立旧塩屋小学校(大宜味ユーティリティーセンター)
出演:jimama、MAJESTICS、amazonmatsuda
参加費:無料

12月22日(土):OKINAWA AMERICANA

RYCOM ANTHROPOLOGY presents
RYCOM to the World! vol.12

OKINAWA AMERICANA
MERRY & DAVID RALSTON

日時:2018年12月22日(土) 開場 18:30/開演 19:00
会場:3F/RYCOM ANTHROPOLOGY TEL. 098-933-1142
出演:OKINAWA AMERICANA MERRY & DAVID RALSTON
料金:前売 ¥2,000/当日 2,500円
別途、1ドリンクのオーダーをお願いいたします。
お席に限りがございますので、お早めのご予約をお勧めいたします。

ご予約・お問い合せ:ライカムアンソロポロジー TEL. 098-933-1142

新品同様の YAMAHAベース BB-800 購入しました

こないだ「A」ランクの YAMAHA BB-800 をたまたまネットで見つけて、速攻で購入。
専用ハードケース付きにも関わらずメチャクチャ安かった。

シリアルナンバーは2141。調べてみたら、ちょうど40年前の1978年製。
ボディーはアルダーのはずなんだけど、かなり重い。
ホントにアルダーかなこれ???

で、照屋楽器でネックの調整をしてもらい、さらに自分で弦高を下げ、ピックアップの
高さ調整をしたらバッチリなコンディションに。


全体。このモデルには黒もあるけど、この茶色がお気に入り。


ヘッド。木の模様がなんかすごい。
ペグも新品同様でめちゃくちゃスムーズに回る。
新品はこんなに気持ち良く回っていたのかと感動しっぱなし。


ピックアップ。Pタイプひとつでブリブリ。


ブリッジ。BB-2000と同じもの。ガッチリ感がすごい。

このBB-800の音は基本的にプレシジョンベース系。
ブリブリ感満載。

BB-2000やBB-1200はスルーネックだからか、
わりと上品な音がするんだけど、
このBB-800はボルトオンネックのせいか、暴れ系。
パンチが効いた、とても自分好みの音がする。
これからロック、ブルース、ソウル系はぜんぶこれ使おうかな?

ちなみに上位機種のBB-1200はこんな感じ。
これはこれでとても美しく、存在感がある。

「親子ジャズ」2019年から再開します

こどもたちに大人の本気の演奏を聴いて頂く企画「親子ジャズ」。
http://yoyasuda.com/oyakojazz/

いろいろ忙しくてお休みしてたんですが、2019年の年明け、2月2日(土)から再開することになりました。

超強力な若手メンバーも加わりました。

サックス:Mario(まりお)ちゃん 〜新加入〜
ドラムス:和丸(かずまる) 〜新加入〜
ギター:石原守次郎 〜続投〜
ベース:安田陽 〜続投〜

Marioちゃんと和丸くんは自分のほぼ半分の年齢ですが、沖縄の若手をリードする存在。強力な音になること間違いなしです。

料金は検討中なので、決まり次第またご案内します。

新しいベースを買った

通販でベースは買わないと決めていたのだが、、、

北海道の楽器店が某40年前の国産ベースを売りに出していて、写真で見る限りはハードウェアがピカピカ、ケースも専用ハードケース付き、値段も納得度が高かったので、お店に電話してネックの状態とか沖縄までの送料とか聞いた上で速攻で購入した。

送料安かったからたぶん船便だろうな、、北海道から沖縄、、いつ着くんだろう。

2018年11月17日(土) 安慶名愛(あげなまな)デビューCD発売記念ライブ実施報告

新人アーティスト、安慶名愛(あげなまな)のデビューCD発売記念ライブが11月17日(土)、沖縄県・北谷のライブハウスモッズで行われた。

当日のバンドメンバーは以下のとおり。

ヴォーカル/ギター:安慶名愛
ギター:望月誉
パーカッション:玉城チコ
コーラス:前田秀幸/Reika
ベース:安田陽

彼女とはデビューCDでのレコーディング(楽曲「Destiny」)からのお付き合いとなる。新人アーティストのデビューの現場を間近で見させてもらい、勉強になることが大変多かった。また、私自身の要改善点、反省点も少なくなく、そういう意味でも学ぶことがとても多いプロジェクトとなっている。

ぜひ安慶名愛の今後の活躍を見守って頂きたい。

安慶名愛(あげなまな) Facebookページ