出演情報

安田陽の出演情報はこちらのページにまとめております。

アマチュアの人の特長(1)

バンドでリハに入ったとき、メンバーの行動を見ていて非常に強くアマチュアっぽさを感じる瞬間がある。それは、一部のメンバーがアレンジ等のことでディスカッションしているにも関わらず、まったく意に介さず平気でドラムを叩きまくったりギターを弾きまくっているのを見るとき。ものすごくディスカッションのじゃまになっているのに、こちらがストップをかけるまで平気で個人練習している。なんなのかな〜あの感覚って???

あと、ライブ前のサウンドチェック時に、ギターの人がサウンドチェックしているにも関わらず、勝手にドラムの人が合わせてきたりするとき。もっとわかりやすく言うと、ギターの人がサウンドチェックでとある有名曲のリフを弾いていたりすると、すかさずドラムの人もそれに乗っかってきてガンガン叩き始めたりするっていう。。なんなのかな〜あの感覚??? いまはギターの音を確認してるんだけど?????って思う。

そういうえば昔なにかの音楽番組で、若かりし頃の「安全地帯」というバンドの映像が映し出されていた。そこでは、玉置浩二氏がメンバーに対して「曲を演奏するときは絶対に音を出すべきじゃない、、プロなんだから。。!」と言っていた。ホントそう思う。

まとめると、アマチュアの人は安易に音を出しすぎ。

言い換えると、どんなにテクニックがあっても、安易に音を出す人はアマチュアの域を出てないと言わざるを得ないと思う。

2017年のノイズ作品をアップしました

bandcampに一昨年のノイズ作品を載せてみました。よろしくお願いします。

2019年2月2日(土)「親子ジャズ Vol.4」実施レポート

こちらからご覧下さい。

新BeatMaster、メトロームエンジン部分の精度検証が終了し開発ロジックを決定の巻(前編)

リズム感を鍛えるiOSアプリ「BeatMaster」のReborn Project、ブログを更新しました。以下の「もっとみる」をクリックしてご覧下さい。

無題

少しでもチャンスに繋がる可能性があればどんな条件でも何でもやる、っていう人が大勢いるんだろうな。

まぁでもそういうふうにキッパリ割り切れないが故に、自分はいわゆる成功とはまったく縁のない人生を送っているんだとは思う。

MacBook Pro mid 2012(メモリ4GB)にMojaveで使い心地お試し中

これまでMacは2台持ってた。

・音楽用&映像編集用のMBP mid 2012 13インチ(メモリ16GB、HDDは1TB)
・ふだんの仕事で持ち歩いて使ってるMBP 2016 13インチ(メモリ8GB、SSDは256GB)

なのだけど、今回メルカリで状態の良さそうなMBP mid 2012を見つけて購入した。メモリは4GB。OSはMojaveがインストールされてた。まぁ最近は軽いMBPとかMBがいっぱい出てるんだけど、個人的にはパソコンはDIYできないとどうにも愛着がわかない。そういう意味で自分にはmid 2012がとても魅力的なのだ。

で、今日、そのメルカリで買ったmid 2012が届いた。このあとはメモリを16GBにしてHDDもSSDにしようと思ってるんだけど、せっかくなのでこの4GB+HDDという環境でMojaveがどのくらい動くものなのか、しばらく試してみようと思ってる。あと、ダークモードっていうのかな、黒い画面の使い心地がどうなのかも併せて検証。

でもとりあえずいまのところ4GBでも意外にちゃんと動いてるナ。。まぁメモリが少ない分、頻繁にHDDにアクセスするけど。

リズムトレーニング専用iOSアプリ「BeatMaster Professional Edition」を作り直します

本日からちょうど10年前の2009年2月1日にリリースしたiOSアプリ「BeatMaster Professional Edition」ですが、2017年9月にiOS11が発表されてから動作しない状況が着いておりました。

なのですが、このたび素晴らしいディレクターそしてエンジニアと出会うことができ、新たに「BeatMaster Reborn Project」を始動いたします。

詳しくは以下の専用サイトをご確認ください。
よろしくお願いいたします。

iOSアプリBeatMasterをリリースしてちょうど10年目の本日、新たに「BeatMaster Reborn Project」を始動します
https://beatmaster.app/2019/02/01/post-356/