出演情報

安田陽の出演情報はこちらのページにまとめております。

アーカイブ

Apple

まぁWindowsかMacOSかと言われれば後者だし、

AndroidかiOSかと言われると後者を選ばざるを得ないんだけど、

Appleという会社が好きかと言われるとかなり微妙だ。

Appleの総資産は日本円に換算すると約42兆7,546億円。

そして税逃れにも余念がない。

で、肝心のプロダクトはというと最近はもうイノベーティブなものは一切なく、

お茶を濁すようなものばかり。それを膨大なマーケティング予算を注ぎ込んでなんとか売っている。

かつてのAppleにはものすごい求心力があったけど、

それはもう皆無と言っても良いレベルになってしまった。

しかしクライアントマシン用のOSが実質WindowsとMacOSの2種類しかないというのも実に不思議な話だ・・・

スマートフォンもしかり。

これだけUXだUIだと言われているのに2種類のどちらからしか選べないって・・・

Apple、日本の国家予算の半分弱の資産もってるんだから、

なんかこう、これまでのパソコンやスマートフォンの概念を木っ端みじんに

ぶち壊す製品とか出してほしいけどな。

ChatWork(チャットワーク)は絶対に海外でユーザー登録してはいけない

国内で、ビジネスで使ってる人が多い日本発のチャットサービス、「ChatWork(チャットワーク)」

なんでこんなに流行ったのかよく分からないんだけど、とりあえず仕事用チャットサービスとしては国内でかなり普及している。

で、このチャットワークには無料版と有料版がある。ある条件(面倒なので説明しない)を超えると有料版に移行しないと使えなくなる。

有料版メニューは以下のとおり。

・・・ということになってるんだけど、自分の場合、なぜか全部ドル表示になる・・・

は・・・・400円と4ドルってまったく違うんだけど・・・?

なになに、ふつうは月400円でいいのに、自分は月480円払わないといけないわけ?

なんで?

・・・不思議だったのでこの会社に問い合わせたところ、

もともとチャットワークのユーザーアカウントを作る際、海外で作ると

ドル建てになるそうだ。しかも、一度基軸通貨が決まると、

その後に変更してもらうことはできないとのこと。なんで???

はっきりいってチャットワーク側がめんどうだから対応してくれないだけでしょ???

でも、そういえばチャットワークのユーザーアカウントを作る際、

海外で作ったような気がする・・・思い出してきたぞ。

かつてシリコンバレーに住んでたときに、

現地でチャットワークの社長さんに会う機会があって、

そのまま勢いでアカウント作ったんだ・・・多分まちがいない。

そんなわけで、本当は月400円でいいのに、480円支払っている。

1ヶ月80円の差だけど、1年で約1000円、パーフェクトにムダコスト。

アホらし過ぎる・・・。

2018年10月の出演予定

10月6日(土):Jimama@恩納村花火大会←台風で中止になりました

10月7日(日):ショータバンド@プレイヤーズカフェ(沖縄市・パークアベニュー沿い)

10月13日(土):Jimama@金武町祭り

10月20日(土):サザンバンド沖縄@うるま祭り

10月27日(土):発表までいましばらくお待ちください

10月28日(日):発表までいましばらくお待ちください

台風24号、停電、断水、沖縄電力

台風24号による停電。

そして停電による断水。

3日目と半日が過ぎた昨日の午後、やっと復旧した。

もう、とにかく疲れた。。。。。。。

いまも疲れの残り、そして放心状態的な感じから復帰できず、

仕事にもどれないでいる…。

しかもこんな時に限って、追い打ちをかけるように

仕事上でNGが多数発生している。

さて、停電&断水が始まって以来、復旧見込みが知りたくて沖縄電力のホームページを

逐一チェックしたり、電話窓口にコールしたりしていたが、ホームページは

「復旧見込み:確認中」としか載せないし、電話窓口は一切顧客対応する気なしで

自動応答の音声がむなしく響くだけ。

そして停電断水の3日目の朝、ついにブチ切れて沖縄電力の窓口に直接、行った。

そうしたら住所を聞かれたので答えたところ、その数時間後には停電(と断水)が復旧した。

驚いたのはその日の夜である。

なんと近所まわりで停電が復旧したのはウチのアパートだけで、周囲の停電家屋は

昨夜に引き続きそのまま停電だったのである・・・。

なんか複雑な気分になった。

というか、周囲の停電家屋の皆さんには申し訳ない気持ちでいっぱいにはなった。

が、このアパートには赤ちゃんやこどももたくさんいるし、おばぁもいるし、

寝たきりの旦那さんを看病している奥さんもいるので、どうにか、なんとか

許して頂けるのではないかと・・・