出演情報

安田陽の出演情報はこちらのページにまとめております。

アーカイブ

YAMAHAのベース「SB500」の考察

ヤマハのベース「SB500」。

1976年〜1979年まで作られていたらしい。

当時のヤマハはフェンダーのPB、JBに対抗できる製品を生み出そうとBB、SBシリーズを開発していたものと思われるが、どちらもフェンダーにはない音色の特徴があって面白い。

自分はいまSBシリーズに関しては

・SB1200S(限定色のブラック)
SB500S(ただし今はこのネックを外してBB800に付けている)
・SB500(以下の写真)

の3本を所有しているが、このSB500の最大の特徴はものすごく太いネック。SB500Sより太い。だが、それが演奏性に支障をきたしているかと言えばそんなことは全くない。そしてこの太さがそのまま音に現れていると思う。弾くとボディとネックが一体となって共振する。そしてとにかく音に芯があり、またフロントとリアをフルにしてスラップ(プル)すると、フェンダーJBにはない甘いトーンに。それが特徴的で良い。

自分はSB500SよりSB500が好きだ。このルックスも気に入っている。ブラウン色も良いし、ヘッドの形状とピックガードがなんとも昭和で、いま見ると逆にオシャレである。

そしてこのベースが当時SBシリーズの最廉価モデルとして定価5万円(販売価格は恐らく4.2万円)で売られていたという衝撃。。なので、いまベースを買うなら新品を何十万も出して買うのではなく、この時代のモデルを中古で探すほうがずっと良いと個人的には思う。

yamaha-sb500

ライブハウスJET 25周年記念ライブ

沖縄、コザ。カデナ基地のGate 2からまっすぐ伸びるゲート通りにあるライブハウス「JET」。

今年25周年を迎えたとのことで、6月1日(土)にミュージックタウン音市場で記念ライブが行われました。

スティーリーダンからHighway Star、Burn、オリジナル曲、邦楽と洋楽のミックス(^^)、アコースティックJETまで、演奏力と企画力で惹きつけられっぱなしでした。打ち上げではTakashiさんに1970年頃のコザの話を聞かせて頂き興味津々…

また、当日は私が参加しているShota Bandが前座で演奏させて頂きました。

JETのみなさん、25周年本当におめでとうございます。

自殺

「自殺するなら他人を巻き込むな、一人で死ね」と。

なるほど。正論すぎる。当然反論のしようもない。

きのう川崎で起こった殺傷事件もそうだし、

日々起きている鉄道の人身事故もそれにあたるのだろう。

ただ、今回のような事件の話を聞いたときに

冒頭のような感情を持ったことはないな。。

自殺する本人も、無関係な人々を巻き込むことの罪の重さくらい

百も承知だろう。それでもそれを実行してしまうくらい

追い詰められた精神状態とは、いったいどれほどのものなのか。

自分の想像力でイメージすることは到底不可能だが、

日々FacebookやTwitterに興じている人たちにも恐らく無理だろうと思う。

人生100年時代

「人生100年時代」などという言葉は、

単にアベの作戦のひとつに過ぎないわけだが、

この言葉が意外に浸透しているというか、

そのまま鵜呑みにして自らこの言葉を使っている人も多いようだ。

こないだも某国営放送の番組司会者が

なんの疑問も持っていないような感じで

繰り返し使っていたので呆れてしまったのだが、

あれだけ自然に何度も発することができるということは、

何の疑問も持っていないか、もしくは

アベ信者の末端として完璧に振る舞っているかのどちらかだろう。

やはり受信料を払うことは当分なさそうだ。

2019年6月の出演予定

2019年6月1日(土)

<イベント名>
「LIVE MUSIC BAR JET 25th Anniversary LIVE!」
出演:JET/ショータバンド(私はショータバンドで演奏します)
場所:ミュージックタウン音市場(3Fホール)
開場:17:30 開演18:30
料金:前売¥2,500 ※消費税込み ※当日は¥500UP
問合:ミュージックタウン音市場 tel. 098-932-1949
プレイガイド:イープラス(ファミリーマート)/ローソンチケット(Lコード:82670)/普久原楽器/照屋楽器店/ミュージックタウン音市場

2019年6月8日(土)

<イベント名>
サザンバンド沖縄 presents
「夏サザン ”ヴィンテージ” 〜昭和珠玉大全集〜」

恒例の夏ライブ@北谷モッズの開催が決まりました。テーマは「ヴィンテージ」。
新元号もなんのその、サザンの名曲が揃う昭和時代にスポットを当てた
ヴィンテージフィール満載のライブをお届けします。ご期待ください♪♪♪

場所:ライブハウスモッズ(沖縄県中頭郡北谷町)
開場19:00
開演20:00

前売¥2,500
当日¥3,000

ご予約・お問い合わせは
ライブハウスモッズ TEL : 098-936-5708
沖縄県中頭郡北谷町美浜9-1 デポアイランドビル2F

2019年6月13日(木)

「黒やぎ白やぎ・沖縄ツアー」
黒やぎ白やぎ
坂出雅海[bass,laptop,others]fromヒカシュー
佐藤正治[drums,wave-drum,others]fromヒカシュー
ヒカシューのリズム隊、坂出雅海(ベース)、佐藤正治(ドラム)のユニット「黒やぎ白やぎ」が沖縄に初上陸!
坂出の独特なグルーブを生む野太いベース、佐藤のスピード感溢れる豊なドラムが絶妙に混じり合う、即興の世界。長年培われた様々な音を、自由自在に使いこなし、オルタナティヴな世界へ聴く者をどんどん引きずり込んでゆく…。リズム隊だからこそ生まれる、スリリングな「黒やぎ白やぎワールド」是非、生で体感して下さい。

Quad Code
石原守次郎[Gutar]
古堅圭一[Guitar]
田場龍之介[Drums]
安田陽[Bass]
田場龍之介が叩き出すファンクグルーヴに、ブルース/ジャズの石原守次郎、ヘヴィメタルの古堅圭一、インプロの安田陽をインクルード。安田陽と石原守次郎のオリジナルを中心に、旋律と即興が渾然一体となったQuad Codeでしか聴けないサウンドをお届けします。

MA
のの。コバイア[guitar.piano.drums.voice]
滝川有人[trumpet.voice]
上地gacha一也[bass.drums.voice]
即興音楽が好きで好きでたまらない3人が集まったバンド。あっちへ行ったりこっちへ来たり…

※前売り予約はこちらまで! groove@cosmos.ne.jp
オープン20:00
スタート21:00
前売2,000円+ドリンクオーダー
当日2,500円+ドリンクオーダー

2019年6月14日(金)

出演アーティスト:Okinawa Americana
場所:Live Bar Jikuu
沖縄県那覇市若狭2-2-12 ビクトリーホテル B1
電話098-943-1739

Open 18:30
Start 19:30
Charge 2,000yen Drink 別

メンバー
三線:MERRY
ギター:David Ralston
Bass: 安田陽
Drums: 滑川博生

2019年6月15日(土)

出演アーティスト:Okinawa Americana
場所:オクマ
(詳細は追ってご案内しますが、基地の中かもしれません)

50

50を過ぎてそろそろ2年が経つ。

このところ、ライブの楽屋などでの親しい仲間との話題は病気や体調に関することばかりである。

実際、ガンが発病したり、脳梗塞になった知人も少なくない。それらが原因で亡くなった友人も何人かいる。

彼らは皆50前後、中には50になっていない人もいる(いた)。

そう考えると自分もそろそろかな、と思う。

自分よりひとつ上の、ガンを乗り越えた友人は「もう、残りの人生好きな事やろうと決めた」と言っていた。

ほんと、自分もいつ死んだっておかしくない。

明日の朝はもうこの世にいないかもしれない。

最近よくそう思う。

そして、やるべきことはいますぐやっておかなければ、とちょっと焦る。

自分がこの人生でやるべきこととはなんなのか?

結局のところ死を意識しないとそのような思考に至らないというのが我ながら情けない。

まぁ、「やりたいこと」と「やるべきこと」はまたちょっと違うはずなので

簡単には見つけられそうにないが、

「やりたいこと」をひとつだけに絞るとすると、

こどもたちが将来たくましく生きていけるよう、彼らに何らかのヒントを提供したい、ということ。

ただしこれは相当ハードルが高いので、無理なくやれる範囲で小さく小さく始めていければそれでいいと思っている。

ただし、それがどれだけ小さくとも、大事なのは継続すること。

継続さえしていれば、おのずと未来が見えてくるだろう。

「ザ・日本国憲法セッション2019」無事に終わりました

憲法のことについては改めて書きたいと思いますが、このライブが成功したことにただただ感謝です。

それにしても憲法の朗読ってかなり難しいなと。。

ですが、来年も必ずやりたいと思います。

希望

ものすごく良い写真。

愛子さまの作文「世界の平和を願って」がまたものすごかった。。

この作文を公開した宮内庁もすばらしい。

日本の未来は明るいのかもしれない。。

この写真を見た瞬間、

本当に久しぶりに、というか、初めて? そんな気になれた。

その他の臓器の話

以前、健康診断で”エコー”による検査を受けたときのこと。

医師がエコーの検査装置を私の身体に当ててグリグリしながら

「あれ。。。」とつぶやくのが聞こえた。

その後しばらくの間グリグリしたのち無事に検査は終わったのだが、

聞いてみると、とある臓器の位置が「ふつうの人」とはだいぶ違っていたとのこと。

また、心臓も左側ではなく真ん中にあるらしい。

私は「ふつう」とか「みんな」とか「一般的に」といった言葉に

かなりの違和感を覚えるタイプの人間なのだが、

背景に自分のこんな体験も関係しているのかもしれない。

胃の話

腸の話のついでに胃の話。

自分は肋骨の形が人とはかなり違う。

結果、肋骨が肺や胃を圧迫しており、

肺活量もこどものころから「女の子並み」と言われ

(たぶんもっと少ないだろう)、胃も小さい。

なので、外食をしても一人前を食べきることができない。

ムリをして食べきってもお腹がぶち壊れるだけなので、

いまは外食をする際は必ず半分ほど残している。

あらかじめ準備が出来れば持ち帰りパックを持参するのだが

忘れることも多い。

そんなときは「量は半分でいいです」と店に伝えることもあるが

伝え忘れることもある。

残すと店によっては「お口に合わなかったですか?」とか聞かれるので

いろいろ面倒なのだが、仕方ない。